愛姫伝

数あるブログの中からお越しいただきましてありがとうございます。 不思議な数々の出会いから、今は、愛媛の神社めぐりをしながら、神社や女神様そして、神話の神々の伝説を調べています。

目がなおる泉  妙見神社 (聖なる泉にもう一度)

こんばんは。

今日は、先日の正法寺の続き、大生院の神社をご紹介します。

大生院は、古代、秦氏がやってきた場所の一つと言われています。
前回お話したお寺は、新居浜の一宮神社の神職矢野家の一人、上仙人が開基したお寺でした。

前回のお話をまだ読んでいない方は、よかったらそちらを先にお読みください。

秦氏の里 石鉄山往生院 「正法寺」 

正法寺は、小高い山の麓にあります。
ここ大生院は、国道11号線から少し山の方へ入ったところにあたりますが、古代、この辺りはこの国道付近まで海だったといわれています。

当時秦氏が住んでいたこの辺りは、海からそう離れていないところだったのではないかと思います。

秦氏は、この正法寺がある山を中心に生活をしていたと考えられています。

しかし、天智天皇が亡くなる頃、賀茂族により秦氏は衰退していき、また取り込まれていきました。

今日ご紹介する神社は、秦氏が祀っていたであろう瀬織津姫のもう一つの姿です。

西条における秦氏の山、お寺の反対側の麓にその神社はあります。

「妙見神社」

妙見神社は以前、松山のところでお話をさせていただきました。

北斗信仰である妙見大菩薩とは、瀬織津姫のことです。

妙見大菩薩については、 こちらの記事をご覧ください。

星信仰の妙見大菩薩と姫   「松山市 明見神社」


妙見大菩薩の全てが、瀬織津姫ということはないかもしれませんが、ここ大生院に祭られる
妙見大菩薩は、本来秦氏が祀っていた瀬織津姫のその御神徳のみを後世に受け継ごうとした神社ではないかと私は思います。

ここに祀られる妙見大菩薩は

「菊理姫命」 あの白山に祀られる姫、瀬織津姫が仏により封印された山に祀られる姫神です。

古事記の中で、 黄泉の国へとイザナミに会いに行ったイザナギがその姿を見て、逃げ帰った時、二人は口論になり、その口論をおさめ仲直りをさせた女神として出てくる姫神が、菊理姫命です。

縁結びの神としても祀られる女神さまですが、

ここ大生院に祀られる 菊理姫命は、

「眼病平癒の神」 として崇敬されていました。

昔この地の小野某に神憑りがあって、地中より神鏡を掘り出しこの鏡を厚くおまつりするならば人々の眼病を治す」 というお告げがありました。

その後、社殿をお造りしたところ人々の祈りに対して霊験があり、

それ以来、眼病平癒の神として崇敬されているといいます。

古い言い伝えでは、文政六年に船屋(玉津村)の長七の娘「タケ」が八歳のとき、眼病にかかり、神仏に願をかけ朝、夕お祈りをしていたところ、

ある夜、正木(妙見神社周辺の地名)に鎮座している妙見宮にお願いをしなさいと

夢の中にお告げがあり、朝夕一心に妙見宮にお参りをしたところ、

七日目の朝に顔を洗っていると目の痛みがとれ目の病気がなおり、親子は妙見宮に感謝し、そのときの記録を

神社におさめたという話が残っているそうです。

また、本殿の脇には、今も目の病気がなおるという泉があります。

目の病気がなおるという泉。

この泉もまた、瀬織津姫の泉です。

なぜなら、姫の泉は病気をもなおす、再生の水だからです。

そして、私はこのお話を見て思ったことがあります。

それは、 

「目がなおる」 ということです。

現代の人の考えだと 「目がなおる」 とは、 目の病気がなおると考えるでしょう。

でも、私が考える 「目がなおる」 とは、

「見えなくなってしまったものが見える。」

それは、目が悪くて見えなくなってしまったのではなく、 心が闇に覆われ本当に正しいものが見えなくなったこと、また、一つの神が消え、その代わりに新たな神が生まれ、嘘で覆われた世の中で、

何も知らず、何もわからず、何も見えず生きている人々へ

本来の姿、本当の歴史、消された女神の存在を伝えたかったのではないかと思うのです。

それは、姫の聖なる泉を目に当てることで、真の姿を見ることができる。と願い、ここにこの伝承を残したのではないかと思うのです。

生きのび、後の世になんらかの形で残そうと思った秦氏の子孫が、
大和に気付かれることなく神を祀る方法は、こんな方法しかなかったのかもしれません。

この泉、この伝承が、

誰にも言うことのできない、内なる声を表しているように、私には思えました。

e0165472_2233161.jpg


e0165472_22333167.jpg


e0165472_22334483.jpg


e0165472_22335656.jpg


e0165472_2234102.jpg


e0165472_22342966.jpg
 

拝殿
e0165472_22344475.jpg


本殿
e0165472_223538.jpg


そして、聖なる泉 
e0165472_22352219.jpg


e0165472_22354394.jpg


e0165472_2236496.jpg


皆さんは、何のために仕事をしますか?

昨日だったか、一昨日だったか、テレビのインタビューで多くの人たちが言っていた言葉が、私の心にひっかかりました。

橋本市長が、理想としている政策の中に、

全ての人に、最低限度の生活ができるためのお金を渡すというものでした。

もちろん、これには多くの問題を抱えていて、単にそのまま行うことができないと思います。

でも、この政策に対してどう思いますかという質問を投げかけたところ、

そのほとんど人が、 

「仕事をする意欲がなくなり、経済が発展しなくなる」 と答えました。

私は、この言葉が妙に心にひっかかりました。

「仕事とは、何のためにするものなの?」

確かに、今の時代 お金がなければ食べることができず、住むこともできない。

お金を少しでも稼いで、裕福な生活をしたい。

子供を学校にも行かせたい。 学校にいかなければ、就職もできない。

全てが、お金のため。 

だから、そのお金をもうけるために働く。

これが今の世の中です。

でも、本当に仕事とはお金もうけのためにするものなのでしょうか。

私は、この根本的考えが、長い間の歴史で埋め込まれた過ちではないかと思うのです。

会社は、何のために利益を上げようとするのですか?

会社を大きくするためですか?

かつて、松下幸之助さんは、会社のために働くのでも、自分のために働くのでもないといいました。

みんなが幸せな生活をおくるために、働くのだと。

私は、今の世の中は、この気持ちを持つ人が本当にいなくなってしまったのではないかと思います。

人間は、「命」 を頂いたとき、一人一人に使命を与えられると考えられていました。

使命とは、お金を稼ぐために働くことでも、自分が贅沢に暮らすために働くことでもないはずです。

しかし、きっとこんな声も返ってくるでしょう。

一生懸命頑張るのだから、人より裕福になって当たり前。 沢山働いた人が、沢山お金をもらい、幸せに暮らせるのがあたりまえ。 

そうなりたければ、自分も働けばいいのだと。。。。。

本当にそうなのでしょうか。

従業員は、少しでも裕福な生活がしたいからと、お金のために働く。

しかし、会社は、もっと会社を大きくしたいために働かそうとする。

会社の社長も、同じようにお金をもうけたいから、人件費を削減し、会社を大きくすることを考える。

人それぞれ収入は違っていても、根本的な考え方はみんな同じなのではないでしょうか。

その考え方は子供の頃からうえつけられ、それについていけなかった子供たちは、また親がお金がなくて十分に学べなかった多くの子供たちは、働く場所を失う。

全ては、一人一人の根本的考え方に問題があるように思えてなりません。

だからと言って、お米を税金として国に納めることを義務付けられた、1300年前から、つくられたこの社会システムや、人間の考え方がすぐに変わるものではないかもしれません。

でも、そろそろ、その社会システムも限界。

少しづつ、人はなぜ生きるのか、人はなぜ働くのか。 

何のためにここに生まれてきたのかを、原点に返って見つめなおす時期がきているのではないでしょうか。

先日突然思いついて買った本。

今、フランスのヤン・ブレキリアンが書いた、「ケルト神話」 の本を読んでいます。

今日、読んだその中の一文を

少しだけ引用させていただきます。

「全ては崩壊しつつある。われわれが生き延びることを望むなら、全てを再考し、全てを造り直さなければならない。
幸いなことに、もはや誰も政治的、経済的、科学的神話を信じる者はいない。
これらの神話によってわれわれ以前の世代は鼻面を引き回されていた。
人間はこうした神話によって、国家の利益と生産性の奴隷に、自然はごみすてばに、そして平和は核分裂の悪臭漂う不安にみちた戦争前夜へと変えられてしまったのだ。
だがしかし、われわれは今代わりに何を置こうというのか。
もしわれわれが本源に立ち帰ることを知らなければ、病気よりも有害な薬しか考えつけはしいないだろう。 」

「宗教として神話を復活させようとしているのではない。 
問題はそこから、歪められていない本来的な物の見方を汲み取ることなのである。」

瀬織津姫のふるさととも言える 一つの神話 「ケルト神話」

ケルト神話を読み解こうとしているこの著者の気持ちが、私の今の気持ちと重なります。

瀬織津姫のことを知りたいと思う気持ちは、
瀬織津姫のことをこんなにも強く知りたいと思いどんどん引き込まれていったのは、
ずっと前から私の中にあった、今の世の中に対する矛盾、今の世の中の何かが間違っているとずっと思っていたものが、瀬織津姫を知ることで、見えてきたからかもしれません。

すぐに全てを変えることはできないかもしれません。

でも、子供たちや、これから生まれてくる命のために、今私にできることは、こうして伝え続けることかもしれないと今日この本を読んで強く思いました。

ほんの少しでも変わっていくために。。。。。。

そしてそれが、いつか大きな渦となり、渦の中から新しい世界が生まれる日がくるように。

私たちは今、瀬織津姫の聖なる泉、再生の泉に、浸らなければいけない時なのかもしれません。





隠された歴史、消された神々のことを、一人でも多くの人に知っていただくために
もし、よかったら、(バナー)をポチっとお願いします^^

一緒に、瀬織津姫を復活させましょう♪ 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
トラックバックURL : http://makild.exblog.jp/tb/17469608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 瑠璃 at 2012-03-06 10:22 x
愛姫さん、はじめまして。
いつも拝見しています。
私は、出雲生まれで神戸在住の主婦です。
四国は近くて遠い国・・・と感じていましたが
愛姫さんのブログのおかげで、ぐっと、愛媛や四国を身近に感じることが出来ています。
機会があれば、紹介されている場所に足を運んでみます。
いつもありがとうございます。
Commented by classicfarm at 2012-03-06 19:23
御無沙汰しております。本日、愛媛入り致しました。明日城川町高野子の正八幡宮、川津の三柱神社を訪ねたいと思っております。
Commented by 一心 at 2012-03-06 20:41 x
こんばんは

いつもありがとうございます

今日は久しぶりにアイリッシュボーランを叩いていたのですが、、
ブログをチェックしてみると、なんと「ケルト」という言葉が、、、
シンクロが多くちょっと驚きですが、とりあえず? コメします。

日本とケルトとは遥か遠くに離れていますが、不思議な事に多くの共通点がありますね。
自分がケルトに初めて興味を持ったのは「妖精と音楽」ですが、音楽で言えばケルト音楽によくある楽曲は「四七抜き音階」なんです。この特殊な音階は、日本の童謡と共通するという不思議な事実もあります。
ケルトをはじめ、ネイティブ・アメリカン(インディアン)、アボリジニ、日本ではアイヌやサンカ(山窩)等、世界中の先住民族は、侵略する側から見れば未開人・野蛮な民でした。
つづく
Commented by 一心 at 2012-03-06 20:49 x
しかし、その土地を守り豊かに生きてきた民の多くは、共通して森羅万象全てのものには神さま(精霊、魂)が宿って人々を守っているという考えを持っていました。
近年のように自然は制圧、征服するという考えからすると、とても理解出来るものではないかもしれません。
現代社会は自然に対する畏敬の念を忘れ、地球をじわじわと破壊しながら、終わる事の無い「豊かな生活」を今現在も追い続けています。

愛姫さまの言われる「人はなぜ生きるのか、人はなぜ働くのか?」という問いかけは、
「人は何故に生まれたのか」「人は死んだら何処へ行くのか」という疑問と、とてもよく似ていますね。
この答えが、明確に判らないうちは、世界は相変わらずのナントカ主義のまま、ずっと混沌した状態なのでしょうね。

自分も本当に今、こんな時代だからこそ、真剣に考え行動していかなければと思っています。
それも、なるべく多くの人を”巻き添い”にしながらね、、、
Commented at 2012-03-06 22:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ldc_nikki at 2012-03-07 09:31
瑠璃さま、はじめまして。愛姫と申します。
コメントありがとうございます。先ほど、瑠璃さんのブログも拝見させていただきました。瑠璃さんも神社に行かれているのですね。
愛媛を含む四国は島国は、本土の方にはなじみがないと思います。神話の世界も、四国だけ全く語られることがなく、昔はとても寂しい思いでした。でも、本当は違っていたことがわかり、今はここに住む私にしかできない本当の四国の姿を多くの人に知っていただきたいとも思っています。
こうして、愛媛に興味を持ってくださり本当に嬉しいです。ありがとうございます。ぜひ、姫の国(愛比売)にお越しください^^お待ちしています。
そしてこれからもどうぞよろしくお願いいたします。
愛姫
Commented by ldc_nikki at 2012-03-07 09:59
classicfarmさん、ご無沙汰をしています。お知らせいただきありがとうございます。
愛媛にこられているのですね^^

三柱神社に行った時、参道に霧がかかりまるで雲の中に入っていくような気がました。
今日は少しお天気が悪いですが、素敵な伊予の旅になりますように。
PS農場、素敵ですね。私も九州に行きたいです。
Commented by ldc_nikki at 2012-03-07 23:44
一心さん、本当にそうですね。ケルトの神話が語るように、その全てに精霊が宿っていた、循環する水により命は生まれ引き継がれ、そして大地そのものが神だった。
地球に引力がある限り、地球の中に存在する水の量は古代も今も全く代わらないという。ただ海と淡水の比重が変わり、また雨のふる場所が変わっているだけだと。 数億年という時間がたった現在も、この地球に水が誕生したその時から私たちは過去の人々と同じ水により生きている。循環。
そして空があり、大地があり、海がある。そんな当たり前のことが、私たち命を育む源だということを忘れてはいけないのですよね。
私たちは、この地球に生きる多くの生命と同じ地球という星の子供なのだと神話は物語っているのかもしれません。
Commented at 2016-04-14 12:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-04-14 12:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-04-14 12:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-04-14 12:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-04-14 12:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-04-14 12:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by トトロン at 2016-06-17 14:24 x
神様の歴史好きでブログ拝見しました。

私は知らなかったんですが、白山には、瀬織津姫が仏により封印されたんですか?

詳しく知りたいので、どうぞ引用元をお知らせ下さい。

宜しくお願いします。
Commented by ldc_nikki at 2016-08-22 21:59
トトロンさん、ご覧いただきありがとうございます。その答えはどこにもないと思います。
それと、このブログの内容と現在の考え方は私自身変わっています。仏により封印されたというのも違うと思っています。
いつか必ず本にしますので、それまでその答えは待っていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
Commented by 高橋 建次 at 2017-02-27 17:23 x
菊理姫は霧島のイワナガ姫のことです。ところがニニギノ命はコノハナサクヤ姫を妻に迎えることになり、大山積命はイワナガ姫も一緒にもらってくれと言います。ニニギノ命は器量が悪いと断ります。先妻の速開都姫は自殺をします。すると瀬織津姫が武装蜂起して大山積命n娘を目を潰します。大山積命怒って大三島まで追いかけて全員を殺します。その場所が裏山の安神山です。子供を抱いている人もいました。
成敗した後大山積命は西都市の奥山米良神社の対岸に墓があります。米良神社は大山積命とイワナガ姫を祀っております。イワナガ姫は白いぶつぶつが顔にあったのです。器量が悪いと言われたのです。目を潰されて菊理姫となったのです。妙見神社の目に効く水は目を潰されたから目に効くのです。全国の白山神社は水問題がある場所に祭神としております。イワナガ姫は小川村の小川に大山積命に落とされて亡くなり大山積命も亡くなりました。
by ldc_nikki | 2012-03-05 23:50 | 愛媛県新居浜市 | Trackback | Comments(17)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31