愛姫伝

数あるブログの中からお越しいただきましてありがとうございます。 不思議な数々の出会いから、今は、愛媛の神社めぐりをしながら、神社や女神様そして、神話の神々の伝説を調べています。


こんにちは。


最近こうして神社のことを書くことが、とても少なくなりましたが、
ふと気づくと、神社や神様や歴史のことを考えている自分がいます。



Facebookは、頻繁に書いていますが、
素直に、思いつくままに書くことができないので、やっぱりここに戻ってきます。


今年は、60年に一度のお遍路さん、逆打ちの年。

今ちょうどこの辺りを回る人が多いらしく、連日、沢山のお遍路さんがやってきます。


どうして、60年に一度なのか。
その理由は、お遍路の起源でもある、「衛門三郎」が、20回まわっても弘法大師に会うことができず、21回目mに逆まわりにまわると会えたという伝説に関係しています。


その会えた年が、閏年だったため、閏年は逆打ちをする人が多いのですが、今年はそんな閏年の中でも更に特別な年。


『丙申』

今年の干支と同じ年に、会えたと伝わるから、60年に一度の特別な年なのです。



衛門三郎のお話はもちろんそのままのことが起こったわけではなく、
これも歴史の意味を込めた伝説だと私は考えています。


もともと、この伝説により、逆打ちに回ると願いが叶うと言われていますが、
それ以外にも、蘇る、生まれ変われる、という意味もあると言います。

これも、衛門三郎が、生まれ変わった伝説があるからだと、普通は考えるのでしょうが、私は少し違います。

『逆』に回ることで、生まれ変われる。

これは、歴史の意味をそのまま含んでいます。


更に、21回目というのも、7×3。

この数字にも意味があります。

更に、『丙申』


この干支があてられたことにも、ちゃんと理由があると思うのです。

『丙』

方角で言うと、南をしめし、陽気が一番活発になる年、南=火です。


『申』

申は、雷を意味し、更には神を意味します。

火が、天と地を結ぶ、雷=神と繋がり、天へと行くことができる年。


そして、この年は物事があきらかになる年。

南である火と火の神。天と地を結ぶ。

その年に、逆にまわった衛門三郎。


逆に回って会うためには、この年しかなかったんじゃないかと思うのです。


今までなかなか、出す気持ちにはなれませんでしたが、
昨日突然、神社の本を出してみようかと思い始めました。

まだ、歴史の謎にふれるものは本にすることはできませんが、
先に本格的な本を書いた時、きっと必要になるだろう、これまで私がまわってきた場所の神社やお寺を、一社づつ、小さな冊子にできたらと思っています。


それを見ながら、伊予の神社やお寺を沢山の方に巡ってもらえたらなと。

いつか本を書いた時、今回の小ブックが役にたつように、作りたいと思います。


また詳細が決まりましたら、こちらでお知らせさせていただきます。


e0165472_1927568.jpg
























にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
トラックバックURL : http://makild.exblog.jp/tb/24428490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 今井より at 2016-06-04 10:16 x
ご無沙汰しています。
天智天皇行脚伝承で、、、
瀬織津姫や長津宮伝承を探って
またお伺いしました。

実は、大分にも「瀬織津姫」を探っておられる方が

http://nabaanooyado.blog.fc2.com/

御参考でご覧くださいませ。
Commented by ldc_nikki at 2016-06-04 18:55
今井さま、ご無沙汰しています。ブログのご紹介ありがとうございます。
国東半島ですか…私も国東半島にはご縁が深く、父方のお墓は国東半島にあります。
これも何かのご縁かもしれませんね。またゆっくり拝見したいと思います。
ありがとうございました。
Commented by 千波沙羅 at 2016-08-14 00:22 x
はじめまして。
ブログ興味深く読ませていただきました。
私は持統天皇が好きで、ちょくちょく奈良に行っているのですが、家族に奈良まで行かなくても近所に古墳あるやろと言われ、地元の古墳を調べていたところ、生まれ育った場所が斉明天皇ゆかりの地だと知りました。越智、斉明、宮の窪、天皇、高市。気にしたこともなかったこれらの地名にも深い意味があると知りました。これからも奈良には行きますが、地元朝倉のことをもっと知りたいと思います。ありがとうございました。
Commented at 2016-08-22 01:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ldc_nikki at 2016-08-22 22:04
千波沙羅さま

はじめまして。愛姫伝の愛姫と申します。
ご覧いただきありがとうございます。
朝倉はとても意味のある所で、忘れさられた歴史が詰まった所です。同じ今治、お会いする時がくるかもしれませんね。
ぜひぜひ、朝倉のことをもっと知っていただけたらと思います。
Commented by ldc_nikki at 2016-08-22 22:12
スタッフさま
わざわざコメントありがとうございます!
ここにたどり着くとは^_^;

とてもいい方に案内していただき、本当によかったです。機会がありましたらぜひ、愛媛にお越しください。
またお会いできる日を楽しみにしています。
本当にありがとうございました!
Commented by ldc_nikki at 2016-08-22 22:12
スタッフさま
わざわざコメントありがとうございます!
ここにたどり着くとは^_^;

とてもいい方に案内していただき、本当によかったです。機会がありましたらぜひ、愛媛にお越しください。
またお会いできる日を楽しみにしています。
本当にありがとうございました!
Commented by ldc_nikki at 2016-08-22 22:12
スタッフさま
わざわざコメントありがとうございます!
ここにたどり着くとは^_^;

とてもいい方に案内していただき、本当によかったです。機会がありましたらぜひ、愛媛にお越しください。
またお会いできる日を楽しみにしています。
本当にありがとうございました!
Commented by ldc_nikki at 2016-08-22 22:12
スタッフさま
わざわざコメントありがとうございます!
ここにたどり着くとは^_^;

とてもいい方に案内していただき、本当によかったです。機会がありましたらぜひ、愛媛にお越しください。
またお会いできる日を楽しみにしています。
本当にありがとうございました!
Commented at 2016-08-23 17:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makoto_ota1113 at 2016-08-29 08:03
初めまして!
現在は徳島に住む者です。
たまにブログを拝見させて頂き、
大変勉強になります。
実は、私は普段徳島市の三島神社で神主ではないですが、神事をさせていただいております。
瀬織津姫の復活もう近いですよ!
何かお力添え出来るかと思います!
ぜひ、一度ゆっくりお話させてもらいたいです。
よろしくお願いいたします
Commented at 2016-10-06 22:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 吉田正一 at 2016-10-07 02:03 x
突然、変な質問で失礼します。
尼崎市の武庫之荘というところに、磐長姫神社という名称の神社があるそうです。都会の平地にこの名称の神社がなぜ存在するのか何かご存知でしょうか?
Commented by シュン at 2016-11-07 22:32 x
私は生まれ育ち荏原です。私が思いますに、衛門三郎伝説は生家跡と言われる文殊院に意味があると思われます。文殊菩薩と言えば京都祇園。蘇民将来の伝説が大きく関わっているとおもいます。
当時天然痘が流行ったんじゃないか?と想像します。地元では、仏様を信じないとああなる的な話になっています。
by ldc_nikki | 2016-06-02 19:28 | お知らせ | Trackback | Comments(14)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31