カテゴリ:歌・動画( 21 )

神の山 瓶ヶ森

こんばんは。

久しぶりに動画をつくってみました。
少し短いですが、先日行った石鎚山脈の山

「瓶ヶ森」

標高1897m、愛媛県で第3の高峰のこの山は、
今から約1300年前、
役行者が石鎚蔵王大権現を祀ったところでもあります。

現在は石鎚山と言えば、

「天狗岳」を思い浮かべる方も多いと思いますが、
役行者が石鎚山において、神を出現させたのは
ここ瓶ヶ森でした。

瓶ヶ森は、1897mと、とても高い山ですが、
その山頂付近は、なだらかな斜面が広がり、
山の上にいることを忘れてしまいます。

近くには、「神鳴池」と呼ばれるかつて池だったところに
石碑がたっています。

神鳴池は、四国を東西に走る中央構造線と、御荷鉾構造線の間にある三波川結晶片岩地帯に属し古期崩壊で生じた大亀裂が山頂部にあり、昔はここに池あったと言われます。

池の周りは湿地帯となり、
今とは全く違う世界が広がっていました。

瓶ヶ森の駐車場から、笹が広がる山道を歩いていくと、
川が流れています。

そこには、太古の昔から自然に形成されたくぼみがあり、
まるで水がたまるつぼのような形をしています。

その場所を
「瓶壺」といい、古くから神の水と呼ばれ、
多くの人々の信仰の場所となっています。

瓶ヶ森の名前jは
この瓶壺からきていると言われます。

今治市にある今治最古のお寺「石中寺」は
役行者ゆかりのお寺ですが、
ここの修行僧のみなさんは、
今でもここに定期的に訪れ、この水を持ってかえると言います。

瓶ヶ森は、
徳島県へと流れる「吉野川」の源流も言われていますが、
四国全部の水の源とも言えます。

大正時代までここは一般の人は登ることができなかったと言われ
また、ここには大蛇が住んでいてたと伝わっていたため、
恐れられ誰もここを訪れる人はいなかったと言います。

大地を潤し、命を繋ぐ「水の源」
それがここ瓶ヶ森です。

神々しい風景が広がる、瓶ヶ森。
道路をのぞけば、昔から変わらぬ景色がここにはあります。

ここも歴史の一ページに綴られるべき場所。

本当の姿は見えなくても、
ここにいるだけで、その本当の姿に出会えそうな気がします。

表であり、裏であり、
裏であり、表である。

ここにも、その姿があります。。。。






隠された歴史、消された神々のことを、一人でも多くの人に知っていただくために
もし、よかったら、(バナー)をポチっとお願いします^^

一緒に、瀬織津姫を復活させましょう♪ 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

愛姫伝 スマートフォンサイト 
QRコード
e0165472_239596.png


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2014-06-04 00:46 | 歌・動画 | Trackback | Comments(7)

愛姫伝

おはようございます。
10月ももう終わりですね。台風が過ぎ去った後、急に寒くなり、上着やひざ掛けを急いで出しました。

風邪が流行っているようです。
皆さん、お体にはどうぞお気をつけください。

数か月前、見つけた一冊の本。
1930年代に生まれた、一人のアメリカ人女性。

この本に書かれたていた、この女性の想いは、私の想いとまったく一緒でした。
そして、この女性は、キリスト教を元に世界の神話を調べていました。

神社から始めた私の行きついたところと、
キリスト教が元となって始めたこの女性が行きついた場所は、
全く同じところでした。

そしてそれは単に、神話の謎を解くということだけでなく、歴史の謎を解くということだけでもなく、
その奥にあるもっとも重要な問題に、気づいていらっしゃいました。

瀬織津姫のことを調べている人は最近だんだんと増えてきて
話題にする人も増えてきました。
しかし、この歴史が本当に意味するものはなんなのか。
何が問題で、これを知ることにどんな意味があるのか。

なかなかその根源となるものを説明しても、理解してもらいにくい。

でも、世の中に同じことをそこに見ながら、歴史のことを必死で追及している人がいたということを知り、
本当にうれしかった。

この本に出会ったおかげで、
これまで解けなかった難題が、また一つ解けました。

現在わかっている人類の文明は、約7000年前に始まった。
7000年間の膨大な歴史を読み解くためには、世界中のあらゆることを知らなければいけないということに気づき、ここ数年、日本だけでなく、世界各国の神話や風習、思考、歴史を見ながら、
そこに現れたパズルのピースを、一つ一つ繋ぎ合わせる日々。

もしこの本に出会っていなかったら、
海外の本を、どれくらい読まなければ、それぞれの神話の意味を理解することができただろうと思います。

まるで辞書のように小さな字で、書き綴られた800ページにもおよぶ本。
そこに書かれてあることは、これまで私がどうしてもわからなかったその意味が書かれてありました。

神話や伝説が、単に空想の世界でつくられた物語ではないことが、
それどころか、その奥底に秘めた姿を物語っているものだということが、はっきりと見えてきました。

少しづつ少しづつ前に進んでいる気がします。
焦らずゆっくりと、これからも進んでいきたいと思います。

この写真は、
大洲市にある、高山ニシノミヤ巨石。
東洋一とも言われたメンヒルです。

e0165472_6451365.jpg


この巨石は、
今でも、表が仏、裏が神とされています。
1000年以上もの間、仏の力が強かった日本。
しかし、神の時代へと戻った明治時代以降、
本当の姿に戻ることはありませんでした。

それどころか、使い方をあやまったせいで、戦争へと突き進んでいきました。

間違ったままだと、世の中が修正されることはきっとないと私は思います。

最後に、
最近見つけた動画の編集ソフトで、愛姫伝をまとめてみました。
少し大げさな動画かもしれませんが、
ほんの少し、ワクワクした気持ちになれるかもしれません。








隠された歴史、消された神々のことを、一人でも多くの人に知っていただくために
もし、よかったら、(バナー)をポチっとお願いします^^

一緒に、瀬織津姫を復活させましょう♪ 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

愛姫伝 スマートフォンサイト 
QRコード
e0165472_239596.png


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2013-10-27 06:46 | 歌・動画 | Trackback | Comments(1)

こんばんは。

昨日に引き続き、愛姫伝 動画 第13章を作りました。

今回の動画は、 「命の旅」 です。

人と自然は、繋がっている。 人は、自然の命のおかげでこうして生きていくことができる。

神社は、そんな 人間の原点を教えてくれる場所。

感謝し、 反省し、 命の尊さを思い出させてくれる場所。

一滴の水となり、 命の旅に出かけてみませんか・・・・・・・。




神々の伝説を伝えるために、そして、
その中から自らの生き方を見つけるために、
ブログランキングに参加しています。

幸せの輪を一緒に広げませんか。幸せの入り口(バナー)をポチっとお願いします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2011-10-24 00:56 | 歌・動画 | Trackback | Comments(3)

おはようございます。

今日は、一晩かけて動画を作りました。

パソコンが変わったので、少し時間がかかりましたが、 やっと完成。
ほとんど寝ていません^^;

子供が、朝の部活があるので、ごはんの用意をして
動画をアップ。

今回の動画は、

「愛媛に眠る古代の女神さま」 です。

女神さまを祀る神社を、比較的最近参拝した神社から選びみました。
パソコンの中で、参拝をしてみてください。

皆様の心の癒しに、少しでも、お役にたてますように。。。。。





神々の伝説を伝えるために、そして、
その中から自らの生き方を見つけるために、
ブログランキングに参加しています。

幸せの輪を一緒に広げませんか。幸せの入り口(バナー)をポチっとお願いします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2011-08-29 07:18 | 歌・動画 | Trackback | Comments(0)

こんばんは。

いよいよ、

 「瀬織律姫伝説―縄文の女神の霊系列」

の予約販売が、アマゾンでスタートしました。

山水さんの、瀬織津姫の奉納の旅 第4部作目です。

そして、恐縮ながら、今回の本には、CDがついていまして、そのCD
「瀬織津姫」 を、 歌わせていただきました。

CDの名前は、小千麻輝 (おちまき)です。

表紙もとっても素敵で、 本の中から、姫の光が届きそうな写真です。
私も、表紙にしばらく見とれていました。

どんな内容の本なのか、私もとっても楽しみです。

アマゾンでは、7月2日が発売日になっています。
ただいま予約受付中です。

e0165472_2239217.jpg


瀬織津姫伝説予約はこちらから

是非、読んでみてください^^




神々の伝説を伝えるために、そして、
その中から自らの生き方を見つけるために、
ブログランキングに参加しています。

幸せの輪を一緒に広げませんか。幸せの入り口(バナー)をポチっとお願いします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2011-06-28 22:41 | 歌・動画 | Trackback | Comments(2)

こんばんは。

ここ数日、梅雨の晴れ間というよりも、
まるで梅雨明けをしたかのようなお天気が続いています。

今年は、もしかしたら、ここ四国も、大分早く梅雨あけをしそうな気配です。

しかし、水の災害も、あちこちで起こっています。
津波だけでなく、今年は 「水」 の年になるかもしれません。

私たち人間は、 「水」 の大切さを、 すっかり忘れてしまっていないでしょうか。

蛇口をひねれば、 出てくる水。

でも、それは、全て自然の恵みだということを。

命を育み、命を救う水、しかし、時には、命を奪う水になる。

まるで、もののけ姫の、森の神 しし神さまのように。。。

そして、瀬織津姫は、水の女神。 全ての生命の母のような存在。



今日は、 「水」 をテーマに、 動画を作ってみました。

愛媛の 「命の水」 です。

「愛姫伝 第十章 命の水」


 


神々の伝説を伝えるために、そして、
その中から自らの生き方を見つけるために、
ブログランキングに参加しています。

幸せの輪を一緒に広げませんか。幸せの入り口(バナー)をポチっとお願いします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2011-06-25 03:44 | 歌・動画 | Trackback | Comments(0)

こんばんは。

今日は、 大事な発表があります。

瀬織津姫さまと初めて出会ってから、もうすぐ2年。
あの時は、まさか、こんな展開になるなんて 夢にも思っていませんでした。

本当に不思議なことの連続でしたが、 今回は言葉にならないほど特別な出来事でした。

瀬織津姫の絵を見てから、どんどん、何かに引き寄せられるように、調べ初め、私が神社に行くきっかけになった、 ヤンズさんこと 山水さんの 瀬織津姫の奉納の旅。

ヤンズさんは、突然、瀬織津姫の歌が降りてきて、作ったCDを、全国の姫の神社に奉納されていました。
私は、ヤンズさんが、奉納された 今治の姫の神社を知り、参拝したことが、神社の始まりでした。

私は、そのCDを聞いてみたくなって、 購入しました。 

そして、 その曲を聴いた瞬間に、
「いつか、私も姫の歌を歌ってみたい。」
そんな、夢のようなことを、思ったことを、今でもはっきりと覚えています。


ヤンズさんとは、もちろんお会いしたこともなく、 お話をしたことすらありませんでした。


歌手でもない私が、そんなことできるはずもありません。
それでも、一度でいいから、歌ってみたいなと思っていました。 

あれから2年。 

本当に今でも、まだ、夢の中のような気持ちですが、 その夢が叶い、 
瀬織津姫の歌を歌うことができました。


6月30日(木曜日) 山水治夫さんの 第4部作目の新書 「瀬織津姫伝説」 が
発売されることになりました。

そして、今回の、第4部作目には、「瀬織津姫」 という、山水さんの夢に降りてきた姫の曲のCDが
セットで発売されることとなったのです。

そして、その歌を、私が歌いました。 

今回のCDを製作するにあたり、 名前を 「小千麻輝 (おちまき)」 と つけさせて頂きました。

山水さんの、CD奉納の旅の最後のお話となる、今回の本の中に、 私の歌った瀬織津姫のCDが
ついて発売されます。

今回の本は、 山水さんも、とても重要な本になるとおっしゃっていましたが、 私も、
とても意味のある、また、今、発売することに意味のある、とても重要な本なのではないかと思っています。

CDも、レコーディングの前日、当日と、そして、私の名前を決める時の出来事、
偶然だとは思えない不思議な出来事の連続でした。

この不思議な出来事は、今はまだお話することができませんが
いつか  必ずお話させていただきたいと思っています。

また、詳しくわかりましたら、本の購入方法なども、 ブログで ご紹介させていただきます。 
お読みいただけると、うれしいです。

今回、私が、歌を歌わせていただけたのは、 姫さまのお導きだと思っています。
どんな歌を歌うより、 今の私は、 姫様の歌を歌えたことが、 何よりもうれしい。

姫さまに、 そして、 山水さんに、本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
心から、心から、 感謝しています。 本当に、ありがとうございました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 <降臨した大国主 「金毘羅寺」>

先日紹介した神社、惣河内神社の隣に建つ、 「金毘羅寺」

まるで、鎮守の杜 神様の神域のような空気の中に建つ お寺でした。
伊予十三仏霊場 結願寺でもある このお寺は、 
大国主命の仏の名でもある、 金毘羅大権現が、ご本尊です。

豫温故録に依れば、慶長6年3月28日、鞍瀬新左衛門が河之内村名越に創営。慶長14年に加藤嘉明が修繕。明治2年に現在地へ移築したと記されています。

境内にある「御降臨の榊」に大物主命降臨し、お祀りされたという伝説が残っています。

瀬織津姫さまの下へ、 大物主命 またの名前 ニギハヤヒさまが 降臨されたのですね。
瀬織津姫さまの名前は、神社にも、お寺にも、 どこにも見つけることはできませんが、
私は、ここは、神社とお寺という 別々の宗教ではありますが、仲むつまじく並んでいらっしゃると思っています。

お寺の、参道最上部の石段の上には、
本堂前の左に2本、右に2本づつ、門の柱、いやまるで鳥居のように、 
高さ約40mの、杉がそびえています。

神社、 お寺、 神、 仏 呼び方は違えども、源は一つと教えてくださるかのように、
そんな空間が、ここにはあります。

太古の時代は、もしかしたら、世界中で、偉大なる源の神は、二柱。
アダムとイブのように。。。。
そして、自然信仰でいう、 地球全てのものに宿る神々もまた、 全ては、源は二柱神であり、
それぞれに宿る神は、その二柱の一部であり、子供(分身)であった。
曼荼羅の世界のように、 陰陽の世界のように、 二柱の神が、全ての源であり、全てのものを生み出していると、思っていたのかもしれないと、 この文章を書きながら思いました。

その女神こそが、瀬織津姫だったのではないかと・・・・・・・。

*金毘羅寺【川内町河之内 上音田】
・伊予十三仏霊場 結願寺:金毘羅大権現
・本尊:金毘羅大権現(教令輪身金毘羅尊)
・院号:松尾院
・宗派:真義真言宗豊山派

e0165472_3345415.jpg

e0165472_335980.jpg

e0165472_3352640.jpg


e0165472_3371187.jpg

e0165472_3372661.jpg


e0165472_340692.jpg

e0165472_3402182.jpg


e0165472_3425993.jpg

e0165472_3431845.jpg

e0165472_345190.jpg


弁財天
e0165472_3461672.jpg

e0165472_3463926.jpg


e0165472_3475081.jpg


四本杉
e0165472_3485776.jpg

e0165472_3502913.jpg


本堂
e0165472_3525969.jpg

e0165472_3531518.jpg

e0165472_3532871.jpg


e0165472_3544256.jpg


今日も最後まで、お読み下さいまして、ありがとうございました。

よい週末をお過ごしくださいませ。





神々の伝説を伝えるために、そして、
その中から自らの生き方を見つけるために、
ブログランキングに参加しています。

幸せの輪を一緒に広げませんか。幸せの入り口(バナー)をポチっとお願いします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2011-06-11 03:56 | 歌・動画 | Trackback | Comments(2)

こんばんは。

今日は、宇和島市津島というところに行ってきました。

津島は、宇和島市から愛南町へと向かう途中にあります。
瀬戸内海に浮かぶ、瀬織津姫の島 「津島」 と同じ名前の地名、ずっと前からとても気になっていた場所です。

津島町は、思ったより広く、深い山の中には滝、複雑な地形の海岸線。
その海岸線には、龍と名のつく場所があちこちに見られます。

今回は、海の方へと行ってきました。
南予の町は、小さな地区が数多くあり、小さな山を越えるたびに、小さな町が見えてきます。
海のそばにすぐ山。
神社は、各地区ことに、その山の上や、海のそばに鎮座されています。

どこの神社も、とても大切にされていて、今でも、神社は、昔のように生活の中にあるような気がします。

海の近くの神社に行くと、心が浄化されるような気がします。
潮の香りとともに、流れてくる空気が、体を包み、悪いものを海へと、洗い流してくれる。
海は、それを飲み込み、消し去ってくれるのかもしれません。
大祓いの詞のように。。。。。

私は、海の側で生まれました。
小さいころから、海が大好きでした。
海には、楽しい思い出も、少し寂しい思い出も。

「ふるさと」 

海の全くない町に住んていた時、いつも思い出す風景は、海でした。
海のない町で、時々、どこからともなく、時々潮の香りがしていました。 

皆さんの、ふるさとは、どんな風景ですか?


愛姫伝 第8章 「ふるさと」






神々の伝説を伝えるために、そして、
その中から自らの生き方を見つけるために、
ブログランキングに参加しています。

幸せの輪を一緒に広げませんか。幸せの入り口(バナー)をポチっとお願いします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2011-06-05 03:33 | 歌・動画 | Trackback | Comments(2)

おはようございます。

愛姫伝 動画 アップしました。

第七章 「神様を巡る伊予の旅2」です。

伊予の神様の場所へ、動画で巡ってみてください。



 


神々の伝説を伝えるために、そして、
その中から自らの生き方を見つけるために、
ブログランキングに参加しています。

幸せの輪を一緒に広げませんか。幸せの入り口(バナー)をポチっとお願いします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2011-05-22 05:19 | 歌・動画 | Trackback | Comments(0)

こんばんは。

愛姫伝第六章を、つくりました。
今回は、「神様を巡る伊予の旅」です。

伊予の国は、神々の神話の中では、あまり語られることがありませんでした。

私自身も、こうして自分の足で愛媛を巡り、調べ、歴史を知るまで、正直無縁の場所だと思ってまいりました。
でも、伊予の国、愛媛は、古代の歴史を語るうえで、はずすことのできない大切な場所だということがわかってきました。

神の名前は、変えられ、わからなくなった現在も、「三島明神」として、多くの神社、お寺が、原点を消し去ることはなく、今も尚、その形をどこかに残そうとし、受け継いでいる。

日本は、今、戦後最大の危機に遭遇していると言われています。
しかし、それでも、今の世の中は、昔に比べるととても恵まれているのかもしれません。

贅沢な暮らしになれ、便利な暮らしになれ、何不自由のない生活になれてしまった私たちは、全てのものがあたり前に存在していると、勘違いしてしまっていたかもしれません。

今のような、平和で、何不自由のない生活がおくれるようになるまで、多くの人々が、前に進むために、命を落とし、犠牲になり、何度も試練も乗り越えてきました。

言い方をかえれば、試練がなければ、今の世の中はなかったかもしれません。
未来の私たちのために、多くの人が試練を乗り越え、前を向いて進んだように、私たちも、未来の人々のために、もっとよい世の中をつくらなければいけないのだと、今回の地震は物語っているようにも思えます。

でも、今回の地震で、一つ思ったことは、日本の人々は、「誰かのためになりたい、何かの役にたちたいと思う心や、自分のことより人のことを気遣う心」を、なくしてしまったわけではなかったのです。
その心は、眠っていただけで、ニギハヤヒと瀬織津姫が願った 「一願成就」の心は、受け継がれていました。

変えなくてはいけないもの、変えてはいけないもの。
神々が鎮座する神社は、そんなことも、私たちに教えてくれるような気がします。

「神々を巡る伊予の旅」 です。







神々の伝説を伝えるために、そして、
その中から自らの生き方を見つけるために、
ブログランキングに参加しています。

幸せの輪を一緒に広げませんか。幸せの入り口(バナー)をポチっとお願いします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2011-04-18 00:45 | 歌・動画 | Trackback | Comments(7)

数あるブログの中からお越しいただきましてありがとうございます。 不思議な数々の出会いから、今は、愛媛の神社めぐりをしながら、神社や女神様そして、神話の神々の伝説を調べています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31