神戸 六甲比女神社

こんばんは。
寒い日が続きますが、皆様風などひいていませんでしょうか?

私は、神社に行き始めてから本当に元気で、
熱が一度も出たことがなく、本当に感謝です。
やっぱり健康が一番ですね。
心と体は繋がっているといいます。
心が落ち着けば、心が豊かになれば、病気も追い払うことができるのかもしれません。

いつも、笑顔で。
いつも、感謝の心で。

心がけたいです。

さて、先週末、神戸に行ってまいりました。
無事写真展も終わり、無事パーティーを終えることができました。

遠くからわざわざ来てくださったみなさま、
また、私のお話を熱心に聞いてくださったみなさま、
そして、素敵な歌声、素敵な演奏を聞かせていただき
心から感謝の気持ちを伝えたいと思います。

本当に、本当に、ありがとうございました。

そして、一日前の土曜日に、神戸につき、
念願の、六甲へと行くことができました。

こんなに早く、六甲へ行くことができると夢にも思っていなかったので、
本当に感激でした。
また、とてもわかりにく場所なので、一人では行くことができないかもしれないと思っていたところ、
ご案内してくださる方が現れ、無事、女神さまが祀られるところまで、
たどり着くことができました。

神戸で今回一番感じたことは、
役行者が、神戸では姫を守っていると思っているということ。
以前、知人から聞いてはいたのですが、ここまでだとは思ってもいませんでした。

愛媛県石鎚は、姫を封印し、蔵王権現が現れ、天狗の住む山になってしまった。
女神を封印した場所は、
瓶が森。(亀の森)
そしてそれよりも、標高の高い場所に、天狗。
女神の力を自分の中に取り入れ、新たな強力な力を生み出した。
それが、蔵王権現の姿として現れた。

女神の力を自分の中に入れることができたのは、
自分の中にも、女神の血が流れていたから。 月を飲み込んで生んだ母。
月の力を持つ特別な力を持つ人間。
鬼を従え、鬼を自由に操る。
日本中の、霊山に天狗の名前が今も残るこの現実が、ある意味私にはとても怖い。

空海が、初めてダムをつくったあの、
日本一のため池  満濃池ダムに住む龍は、天狗にさらわれ比叡山へと連れて行かれます。

まだまだ他にもある、天狗と役行者の伝説。

改めて、もう一度整理していかないといけないかなと思っています。

今回神戸に行ってまた、奇跡のような出会いがありました。
ずっとずっと思っていたことが、また一つ現実になりそうです。
少しづつ少しづつですが、
次への場所へ導いてくださっていると、深く感じることができる神戸の旅となりました。

それも六甲に祀られる女神さまのおかげだと
心から感謝しています。

六甲比女神社は、六甲山のほぼ頂上付近にあります。
この看板がたてられているところから、山へと入っていきます。

e0165472_0463075.jpg


数日寒かったので、
雪がまだ残る中、それでも、女神さまが向こうにいると思うと
寒いことも忘れてしまいます。

e0165472_0482416.jpg


少し行くと、
熊野権現と書かれた石碑があります。
お供えのペットボトルの中に水が凍ってる。
でも、そんな光景さえここではとても神秘的な姿に見えます。

e0165472_0504036.jpg


六甲の山には、こんな磐座が沢山あります。
太古の昔から、多くの人に信仰された山であることがわかります。
e0165472_051967.jpg


熊野は、黄泉の国の一つとも言われるように、
女神が黄泉の国の女神とされてしまったところ。
熊野権現もまた、女神の変えられた一つの姿です。

更に少し歩いていくと、
また、大きな磐があります。

この磐は、法道仙人がここで修行中、紫の雲にのった毘沙門天が
現れたところ。

四天王の一尊に数えられる武神 毘沙門天。
梵名: ヴァイシュラヴァナ

毘沙門天は、インド神話の財宝神クベーラを前身とする仏。
梵名、「ヴァイシュラヴァナ」は、神の息子という意味。

邪鬼と呼ばれる鬼の上にのっている姿で、よく見られます。
仏の住む世界を支える須弥山の北方、水精埵の天敬城に住み、
また、古代インドの世界観で地球上にあるとされた4つの大陸のうち
北倶盧洲(ほっくるしゅう)を守護すると言われます。

鬼を配下にもつ、北方の武神。
どうしてここに現れたのか、その意味が毘沙門天の意味から読み取れることができます。

また、六甲姫神社を陰とするならば、ここは陽になるといいます。
対称的な二つの場所。
本来ならば、六甲姫神社が陽であり、ここは陰になるはず。
鬼を従える毘沙門天が現れ、
女神を鬼にしたのでしょうか。。。。

e0165472_0573298.jpg


そして瀬織津姫の神社へ近づいた時、
氷柱を発見。
岩から流れ落ちる水が、まっすぐその形を保ったまま姿を現している氷柱を見ていると

「私はここにいます」

と私たちに、言っているかのようにも私には思えます。

e0165472_0593656.jpg


そして、瀬織津姫の神社を通りすぎまずは、そこから降りて行ったところにある

「心経岩」

般若心経が書かれた磐座には、
役行者の一族の名前が刻まれていると言います。

e0165472_11143.jpg


e0165472_113876.jpg


そして、女神さまを祀る磐座を下から見ました。
まるでウサギの形をしているかのように見える磐座。
これは偶然、ウサギに似た形になったのでしょうか・・・

e0165472_125330.jpg



いよいよ、瀬織津姫が祀られているところへ。
e0165472_13324.jpg


社の裏へまわると、
二つの磐がまるでトンネルをつくるかのように、
おかれてあります。

その光景を見た時、
まるで、ここは女神さまの中へと入る入口のように感じました。
産道です。

この先は本当は、女神の胎内。
全ての根源の場所。
しかし、それを一方では黄泉の国の入口とも言いました。
女神が黄泉の国の女神にされてしまったせいです。

女神には
三つの姿があり、それは、少女、母、老婆。
女性の三つの姿が、老婆を飛び越え、黄泉の国の姿に変えられてしまったのです。

女神の子宮とは、
生命を誕生させる所でもあり、この世を去った人たちが戻る場所でもある。
女神の中へ戻った人々は、ここでまた新しい生命をいただきこの世へと誕生してくる。
そんな考えが、いつの日が、子宮は黄泉の国とされてしまったのです。

命は、誕生と死を繰り返す。
そのどちらもあるからこそ「命」。 
どちらか一方だけでは、命は繋がっていかない。
今、必要なことは、根源の女神の姿をもう一度表へと出すことなのではないかと
月日がたてばたつほど、強く思うようになりました。

e0165472_1153699.jpg



命は繋がっています。
過去も未来も、自然も動物も、月も太陽も、そして宇宙も・・・・。
そしてどの命も、比べることなどできない。
どの命も必要なものだと私は思います。

それを教えてくれたのが、
女神さまです。


隠された歴史、消された神々のことを、一人でも多くの人に知っていただくために
もし、よかったら、(バナー)をポチっとお願いします^^

一緒に、瀬織津姫を復活させましょう♪ 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

愛姫伝 スマートフォンサイト 
QRコード
e0165472_239596.png


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2013-01-31 01:19 | 県外編 | Trackback | Comments(3)

Girls 巡礼 ~from愛媛~

こんばんは。

昨日は七草粥の日でしたが、
皆さんは食べられましたか?

私も昨日の夜、七草セットを買ってきてつくりました。
本当は自分で取りにいけたらいいのですが、
こんな田舎の町でも、
なかなか見つけることは困難。。

スーパーで、買ってくるしかないのも
なんだかさみしいな~と思いながらも、
やっぱり、年初めの節句ということで、つくってみました。

節句とは、
節目の日のことで、他には、
皆さんもよく知っている、雛祭りや端午の節句がありますが、
この1月7日も節句の一つです。

後、7月7日の七夕や、9月9日の菊の節句もあります。

どれも意味のある数字ばかりで、
歴史のことを調べていると、この日が節句と呼ばれるのも
なんだか納得しますね。

1月7日は、
一年の初めの 「7」 の日。

「7」は、やっぱり意味のある数字ですね。

今日は、昨日に引き続きもう一つお知らせです。

先日、ここのブログの他に
もう一つ新しいページをつくりました。

ここよりも、もっと簡単に、
神社やお寺のことをまだまだあまり知らない方にも
楽しく読んでいただけるページを前からつくりたいと考えていたので
年の初めに、スタートしました。

フェイスブックのファンページに
解説しています。
ページの名前は

Girls 巡礼 ~from愛媛~ お遍路&神社etc

Girls 巡礼 ~from愛媛~ お遍路&神社etcはこちらから♪

このファンページは、
フェイスブックのアカウントを持っていなくても見ることができます。

もしよかったらこちらもご覧になってみてください。

また、フェイスブックのアカウントをお持ちの方は、
よかったら 「いいね」を教えて頂けると嬉しいです。

更新したら、お知らせが届くようになると思います。

もっともっと愛媛のことを知ってほしい。
もっともっと歴史に興味をもってほしい。
もっともっと神社やお寺、神さまのことを知ってほしい。

それを伝えることが、
姫さまを伝えることになると、私は思っています。

まだまだ、歴史の本当の姿は、認められることはないかもしれませんが、
それでも、何かの形で、存在を知ってもらいたい。
また、存在の意味を知っていただきたいと思っています。

命の大切さ、命の尊さ。
自然の大切さ、命の繋がり。

ほんの少しづつ、興味をもっていくことが
いつかそこに繋がると、そんな風に最近思います。

そして、女神の国愛媛に一人でも多くの人が
女神さまを探しにきてくれますように☆
そして、皆さんの住む町の女神さまに
繋がっていきますように。

心から願っています♪

Girls 巡礼 ~from愛媛~

e0165472_22130100.jpg





隠された歴史、消された神々のことを、一人でも多くの人に知っていただくために
もし、よかったら、(バナー)をポチっとお願いします^^

一緒に、瀬織津姫を復活させましょう♪ 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

愛姫伝 スマートフォンサイト 
QRコード
e0165472_239596.png


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2013-01-08 22:04 | お知らせ | Trackback | Comments(1)

こんにちは。

年が明けて、早1週間。あっというまに時間が過ぎていきます。
今日からお仕事という方も多いのではないでしょうか。

私は、今日までお休みで明日から
始まります。

今日は、昨年末に少しお話しましたが、
神戸での写真の展示のお知らせです。

今日、1月7日~27日まで、
神戸の素敵なカフェで、私の神社の写真と、お友達の二人の絵の展示を
開催しています。

素敵なご縁で開催することになった写真展。

今回はいつもより少し少なめの展示となりますが、
その代わりに、とっても素敵な絵の展示もしています。

お一人は、前回の岡山の時も一緒にさせて頂いたピカさんこと石井さん。

瀬織津姫をイメージしながら描かれる絵は、
姫の色が一面にちりばめられています。

また、今回初めて一緒にさせていただく瑠璃さん。

可愛くて、優しくて、
とっても素敵な瀬織津姫を描かれます。

私もポストカードを二枚購入♪

是非是非。
皆さんにも見て頂きたいと思います♪

また、今回は、1月27日に、小さなパーティーをこのお店で行う予定です。
もしお近くの方で、ご都合がつく方は、是非お越しください。

まだまだ未熟な私ですが、
1時間ほど、トーク―ショーをさせていただきます♪

では、詳細です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
場所:CAFE DE J’ AIME 【 カフェ ド ジェーム 】
   http://www.kuchikomi-kobe.com/kk000218/
   住所:兵庫県神戸市中央区栄町通1-1-9 東方ビル1F
   営業時間:平日9:00~17:30
        土曜11:30~22:30
   休日  :日、祝日
   写真展示期間:1月5日~1月27日

~やさしい音とやわらかい絵と写真
 あたたかなお茶会パーティー~

日時: 1/27日(日) 14:00~

場所: 「カフェ ド ジェーム」

神戸市中央区栄町通1丁目1-9 東方ビル1F
(078)391-0540

〔参加費〕 1000円 (ワンドリンク付き)

*パーティーの中では、素敵な音楽の演奏と
 私のトークショーが開催されます。

14:00 オープン
14:30 クリスタルボール演奏
      愛姫 トーク
15:10 演奏 (約20分)
休憩
15:45 弾き語り
16:15 愛姫 トーク
17:00 演奏 (約20分)

終了は18:00頃の予定

美味しいコーヒーと素敵な音楽♪
そして素敵な絵や写真に囲まれて、
楽しいひと時を一緒に過ごしませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の写真の展示は、
説明を壁に貼っていません。

もし説明をご覧になりたい方は、
入口付近に、水色の花模様のアルバムを置いています。
今回展示していない写真も含め、
アルバムに写真の説明を載せていますので、
ぜひご覧になってみてください。

また、もし見当たらない場合は、
お店の方にお気軽にお尋ねください。

皆様のお越しを心よりお待ちしています。

e0165472_13374985.jpg


e0165472_1338971.jpg


e0165472_13382479.jpg



隠された歴史、消された神々のことを、一人でも多くの人に知っていただくために
もし、よかったら、(バナー)をポチっとお願いします^^

一緒に、瀬織津姫を復活させましょう♪ 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

愛姫伝 スマートフォンサイト 
QRコード
e0165472_239596.png


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2013-01-07 13:40 | お知らせ | Trackback | Comments(4)

新年、明けましておめでとうございます。

2013年、元旦。
新しい年が明けましたね。

皆様、元旦どのようにお過ごしでしょうか?
初詣に行かれたでしょうか?

私は、12時になってから家を出て、
やっぱり私の原点でもある、大浜八幡神社に行ってきました。

昨年は、
少し行く時間が遅かったたので、
神社につくと、人はほとんどいなくて、
氏子の方々だけが、お餅つきをしていました。

そんな中、昨年は御餅つきのとりをとらせていただきました。

そして、今年。
神社へつくと、人、人、人、
いつもとは全く違う、神社の光景でした。

氏子の方々が、
「今年は多いな~。」と話している声が聞こえてきて、
去年よりも沢山の人が訪れていることを知り、
とてもうれしく思いました。

いつものように、
手を浄めると、瀬織津姫が祀られるところへ。
旧年中の御礼と、新年のご挨拶を済ませ、
ふと後ろを振り返ると、行列ができていてびっくり♪

普段は、ここに参拝する人をあまり見たことがなかったので、
本当にうれしく思いました。
少しづつ、少しづつ、参拝する人が増えているのかな。
そんな気がしました。

そして隣の、大黒さまが祀られる所へ。

そして、父である、「小千命」の銅像へご挨拶。

この銅像の前で手を合わせる人はほとんどいないので、
周りの人がちょっと不思議そうな顔で見ているのがわかりました。
でも、そんな中、私たちが手を合わせている姿を見て、
銅像の横に書いてある、小千命の説明を読んでいる数人の女性がいました。

この銅像の人が、どんな人なのか少しは知ってもらえたかな~。と思いながら、
メインの拝殿へ。
拝殿には人が並んでいて、少し待って参拝。

おみくじを引いて、お守りを買って
御餅つきへ。

昨年は、ほんの少ししかつけなかったのですが、
今年は、なんと二臼もつきました。
途中少し疲れてやめようかと思いましたが、
臼の中のお餅を見ているうちに、なんだか、姫とニギハヤヒが一つになっていくんじゃないか。
そんなことが頭をよぎり、手を止めるのをやめました。

お米がどんどん繋がってネバナバのお餅になっていく姿が、
どんどん二つの力が合わさっていくように思えたのです。

お餅ってきっとそういうもんなんだ。と、初めて体感で感じたような気がします。

頭でわかっていても、体がわかっていない、心がわかっていない
そんなことが自分にどれだけ多いかが、神社に行き始めて知りました。

2013年の元旦、
また新たな古代の人々の感覚が蘇ったようなそんな気がしました。

その後、ついたお餅を自分でまるめて、
あんこをつめて、完成♪

お餅をほとんどつくったことがなかったので、
1個目は、ひどい形。
氏子の奥様方に、こうしてこうして、こうするの。と
一つ一つご指導を賜りながら、
つくったにも関わらず、まったく酷い形^^;

しかし、2個、3個とつくるうちになんとか形になってきました。
2013年の年明けは、
氏子の皆様と、こうして一緒にお餅をつけたことが
何よりの喜びでした。

これも神社とのご縁ができたおかげです。

2013年の干支は

「葵巳(みずのとみ)

「葵巳」は、干支の組み合わせの30番目

干支の組み合わせは、全部で60あるので、ちょうど真ん中にあたります。

十干(じっかん)は、名前の通り、10の種類があるので、
10年に一度、まわってきます。
「葵」は、十干(じっかん)の十番目にあたり、
ちょうど、一つの節目にあたります。

2013年の‘癸’は、今の世代に入った1984年から数えて三回目、
干支のちょうど半分を終える年となります。

ということから、これまでの30年に
一つの締めくくりを行う年とも言われています。

そして組み合わせのもう一つ、
「巳」は、十二支において、6番目。
これもまた、十二支の丁度真ん中にあたります。

巳は、生命の循環である、
「誕生、成長、老衰」の、丁度中間地点にあたり、
次の成長への新たな命を発生させる役目があるとも
言われています。

「巳」は、再生の象徴でもありますが、
これもまた、これまでの過程から新たな時代へと入る
節目の年でもあります。

「葵巳」という組み合わせは、
これまでの6年、これまでの10年、そしてこれまでの30年の
総仕上げであり、これからどんな方向へ向かっていくかが
決まる重要な年だとも言います。

昨年も、何度も何度も、
今は大きな節目の時きているのではないかというお話をしてきました。

干支で言うと
この30年総決算が、今年。

今までの時代の総仕上げが今年なら
どんな総仕上げが待っているのでしょう。

高度成長期の30年は、
さまざまなものができ、どんどん成長していきましたが、
成長がなんとなく止まり始め、
次の30年が過ぎていきました。

成長に限界があることをなんとなくわかりながらも、
もっともっとと求めてきた結果、
命を考えない世の中になってしまった。

そして、震災。更に放射能により、多くの命の源が侵されてしまいました。

命ともう一度向き合わなければいけないことを感じながら
それでも月日がたつごとに、
なんとなく薄れてきた。

これからの30年、そして、30年後の未来。

私たちは、子供たちや、これから生まれてくる命のために
今何を始めなければいけないのか、
昨年よりも、もっともっと考えなくてはいけないのではないかと思います。

地震もあの震災で終わったわけではないかもしれません。

過去、大きな地震がある時は、
数年後に続けてどこかで地震がおきています。
そんな過去の歴史を知りながら、今、この瞬間が何もないから、
きっと大丈夫だろうとどこかで思ってしまう。

今度、もう一度、あのような地震や津波が起こったら
どうするのだろうと私は不安になります。

何かが起こらけらば動くことができないのが人間なのかもしれません。

でも、少しづつでも、
命の大切さに気づく人が増えますように、願い続けたいと思います。

成長から、生存へ。 共生、共存へ。 「命」の時代へ。

そんな時代がやってくることを願いながら、
新年のご挨拶とさせて頂きます。

皆様、こんな私ですが、
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
皆様にとって2013年が、よりよい一年となりますように
心からお祈りさせて頂きます。

2013年、1月1日   愛姫

e0165472_23493667.jpg


e0165472_23495314.jpg


e0165472_2350934.jpg


e0165472_23502338.jpg


e0165472_235037100.jpg


e0165472_23514593.jpg


http://www.youtube.com/watch?v=1Oe_oGUkhLs&feature=share&list=PL2152C6D379AB231C


隠された歴史、消された神々のことを、一人でも多くの人に知っていただくために
もし、よかったら、(バナー)をポチっとお願いします^^

一緒に、瀬織津姫を復活させましょう♪ 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

愛姫伝 スマートフォンサイト 
QRコード
e0165472_239596.png


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2013-01-01 23:53 | 愛媛県今治市 | Trackback | Comments(3)

数あるブログの中からお越しいただきましてありがとうございます。 不思議な数々の出会いから、今は、愛媛の神社めぐりをしながら、神社や女神様そして、神話の神々の伝説を調べています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31