e0165472_22245113.jpg
第42番札所 一カ山 毘盧舎那院 仏木寺 
いっかざん びるしゃないん ぶつもくじ

伊予の国 三番目の霊場は、
41番札所龍光寺と同じく三間町にあります。
龍光寺から車だと数分のところにあるこのお寺もまた
とても意味深い伝説が残っています。

三間町は、その姿がはっきりと見えないものの、
41番札所そしてこの42番札所どちらとも、仏また稲に関係する重要な土地だったことがわかります。

ここ仏木寺の伝承は、
あの高野山に匹敵するほどとても意味深いのです。

弘法大師がここを訪れた時、牛を引く老人に出会いました。
そして、誘われるまま牛の背に乗って歩むと、楠の大樹の梢に一つの宝珠がかかって、光を放っているのを目にしました。
よく見ると、この宝珠は弘法大師が中国より日本へ帰る途中、「有縁の地が選ばれるように」と、三鈷とともに東方に向かって投げた宝珠だったのです。

*有緑の地とは、仏や菩薩に会い教えを聞くご縁のある地と言う意味や、血縁、地縁など深い関係がある地という意味。

この宝珠を見た弘法大師は、
「この地こそ霊地である」と感得、堂宇の建立を決心したと言います。

この宝珠と一緒に投げた、「三鈷」とは、三鈷杵(さんこしょう)のことで、金剛杵(こんごうしょ)という、密教やチベット仏教における法具のこと。
金属製で杵(きね)の形を し、両端が三つに分かれています。この時投げた、三鈷杵は、高野山の松の木にひっかかっていて、弘法大師は密教を広めるためにふさわしい土地だと感得し、高野山にお寺を建立したのです。
そしてその三鈷杵と一緒に投げた、どんな願い事も叶うという宝珠がこの仏木寺となるこの地の楠の大樹にひっかっていたのです。 方や高野山、方や三間。

三間は、高野山に匹敵するほどの大きな意味を持つ場所だったのです。

また、院号は、「毘盧舎那(びるしゃな)」とは、
「光明遍照」(こうみょうへんじょう)と意味で、
あの東大寺の仏さま、「毘盧舎那仏」のことでもあります。

毘盧舎那は、密教では大日如来とされ、
また、宇宙の真理を全ての人に照らし悟りに導く仏のことともされます

まさに「太陽の象徴」

またこの仏木寺では、弘法大師が宝珠のひっかかっていた楠で、弘法大師自ら大日如来を刻み本尊としました。そしてこの宝珠を眉間に埋めて白毫(びゃくごう)とした。
白毫(びゃくごう)とは、仏(如来)の眉間のやや上に生えているとされる白く長い渦巻き状になった巻き毛のことです。この渦巻き状になった巻き毛から光を放ち、無量の国を照らします。

弘法大師が投げた宝珠に巻きつけられた白毫(びゃくごう)にはきっと深い意味が込められていたのだと思います。

また高野山では松の木、ここ三間では楠。
この二つの木にも、大きな意味があるのです。

こんな風に、ありえない伝説の中にも隠された大きな意味があるのです。心の目を開き真実に従ってみるものにしか見ることができない真実。ここにも、そんな真実の姿があるのだと思います。

私たちは多くの情報の中に生き、いろんなものに左右され、内なる声や、真実、また本当に大切なものが見えなくなってしまっているように思います。私もずっとそうでしたが、どれが正しくどれが正しくないのか、人の意見に惑わされてきたと感じます。本当に大切なものに出会うために、自分の内なる声を聞くことができるようになるために、毎日ほんの少し、自分自身を見つめる時間をつくってみてはいかがでしょうか。
ここが、そんな皆さんの少しでもお役にたてることができればいいなと思います。




隠された歴史、消された神々のことを、一人でも多くの人に知っていただくために
もし、よかったら、(バナー)をポチっとお願いします^^

一緒に、瀬織津姫を復活させましょう♪ 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

愛姫伝 スマートフォンサイト 
QRコード
e0165472_239596.png


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2013-02-27 22:25 | 四国八十八カ所 | Trackback | Comments(1)

おはようございます。
今日は、

第41番札所 稲荷山 護国院 龍光寺 
いなりざん ごこくいん りゅうこうじです。

伊予の国 二番目の霊場は、
愛南町から宇和島を飛び越え、三間町にあります。
三間町は、周りを山に囲まれた盆地。
縄文時代早期からこの豊かな土地で人々は暮らしはじめ、
愛媛の中でも、早期から米が栽培されていた所でもあり、
現在も愛媛でもっとも美味しい米がとれるところとも言われています。
四万十川に続く川や、豊かな土壌が、米をつくるのにとても適した場所だったことも、米の産地となった理由でもあると言います。現在も、昔の面影を残すこの三間には、四国八十八か所が二つもあります。
私が愛媛の中で最もその古代の姿がわからない地域でもあります。 

そんな三間町にある四国八十八か所は、どちらもとても何かとても重要な意味をもつお寺。
弘法大師も、ここをとても重要な土地と見ていたことが二つのお寺の縁起から読み取ることができます。
その一つが、ここ、龍光寺。

縁起によると、弘法大師がこの地を訪れた時、
稲束を背負ったひとりの白髪の老人があらわれ、
「われこの地に住み、法教を守護し、諸民を利益せん」と告げて、忽然と姿を消しました。
大師は、この老翁が五穀大明神の化身であろうと悟り、その明神を勧請して稲荷明神像を彫造、堂宇を建てて安置したことがこのお寺の始まりで、
この時、本地仏とする十一面観世音菩薩と、脇侍として不動明王、毘沙門天も造像して一緒に安置したと言います。

このお寺の縁起にも書かれてあるように、ここは平安時代も同じように「米」に纏わる伝説が残っています。
お寺の山号も「稲荷山」
現在も、三間のお稲荷さんと呼ばれるこのお寺は、
神仏習合の時代は「稲荷社」とも呼ばれていました。

またこのお寺は、
四国霊場の総鎮守の寺とされ、開創したと伝えられているのです。

日本総鎮守の神を祀る大三島、大山祇神社
そして、四国霊場の総鎮守の寺 「龍光寺」。

日本は、古代から「稲」で栄えてきた国。
稲は現在は単なる食べ物でしかありませんが、この時代、稲は今のお金と同じようなもの、また権力の象徴でもありました。
しかし、それ以上に太陽の恵みと水の恵み、そして四季折々に変化する気候、自然の恵みを詰め込んだ稲は、人間に豊かさをもたらす神の恵みそのものでもあります。

現代の人々は、お金をえることによって権力を握ろうとし、
見えないところで、人の命を奪おうとし、
古代の一部の人たちは稲のために、多くの人の命を奪い、
権力を握ろうとした。

やり方は少し違いますが、1000年以上前と今はある意味同じなのかもしれません。
しかし、古代以上に今の世の中は、酷いかもしれません。
自然の命までもは奪おうとしているから。

お金が第一の世の中。
本当に今のままでいいのか、この稲の歴史がその答えを教えてくれるような気がします。
稲の神を祀る山に龍が光る。
龍が稲のために今も光っているのかもしれません。

でも、それは権力を握らせるためでも、人間の私利私欲のためでもなく、人がこの世界で生きていけるため。それをここが教えてくれる。心の扉を開いて本当に大切なものを観ることができれば、ここの本当の意味も見えてくるのかもしれません。

e0165472_833356.jpg



隠された歴史、消された神々のことを、一人でも多くの人に知っていただくために
もし、よかったら、(バナー)をポチっとお願いします^^

一緒に、瀬織津姫を復活させましょう♪ 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

愛姫伝 スマートフォンサイト 
QRコード
e0165472_239596.png


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2013-02-26 08:04 | 四国八十八カ所 | Trackback | Comments(0)

第40番札所 平城山 薬師院 観自在寺 
へいじょうざん やくしいん かんじざいじ

伊予の国、菩提の霊場の一番初めのお寺
観自在寺。

愛媛県の最南端にある愛南町にあるお寺です。
一番霊山寺からもっとも遠くにあり、「四国霊場の裏関所」とも呼ばれます。
このお寺の縁起は、
大同2年(807年)に平城天皇の勅命を受けて弘法大師がこの地を訪れ一本の霊木から本尊の薬師如来と脇侍の阿弥陀如来、十一面観音菩薩の三尊像を彫造して安置したことが始まりとされています。

このとき、残った霊木に「南無阿弥陀仏」と6字の名号を彫り、舟形の宝判を造って庶民の病根を除く祈願をなされたと言います。

ここの本尊でもある薬師如来は、
四国八十八か所の中でも多く祀られる仏さまで、古来から多くの人々に信仰されている仏さまです。

薬師如来は東方浄瑠璃世界教主で、
世における衆生の疾病を治癒して寿命を延べ、災禍を消去し、衣食などを満足せしめる仏。
病気をなおしてくれる姿が代表的ですが、
宗派によってはさまざまな意味の仏さまとなっています。

東密(とうみつ)という、真言宗に伝わる密教の中では、
胎蔵界大日如来と書かれたり、天台宗では、東の国の帝たる天皇と結び付けられています。
ここに弘法大師が、どうして阿弥陀如来や十一面観音とともに薬師如来を刻み本尊としたのか、その意味もまた、上に書かれた薬師如来の意味をよく考えると見えてくるのかもしれません。

というのが、
菩提の道場の始まりのお寺の名前が
観自在寺という名前になっていることが、その意味を見なさいとも言っているように私には思えるのです。

菩提の道場とは前回お話したように、
ものごとのありさまを正しくみる道場。自らの心を奥深くまで見ることによって、仏の悟りの心へとたどり着くことできる道場。そしてまたそこには、真実の姿が見える場所でもあります。

観自在とは、あらゆるものを自由に観る事ができるという意味でもあり、見ると観るがその意味が違うように、
あらゆるものを心の目で観るための始まりのお寺でもあるのです。

あらゆるものを自由に観ることができる力をここで授けてくれるのかもしれません。

ベトナムの僧侶、ティクナット・ハンさんの「般若心経〈ハート・スートラ〉」は、こんな書き出しで始まるそうです。
 「あなたはここにある白い紙の中に、ポッカリ浮かぶ白い雲が見えますか?」そこに雲はなくとも、そこに雲があることが見えるか。

皆さんは、一枚のなにも書いていない紙の上に
雲を見ることができるでしょうか?
それは、雲を見てくださいと言われなくても、真っ白い紙の上に雲の存在を観ることができるかということを言っています。

観自在とは、そこに雲がなくても雲あることを知る、観ることができるようになるための場所でもあるということなのです。

白い紙。現代の私たちにとっては、何も書いていない白い紙はただの白い紙にしか見えませんが、白い紙は、一本の樹からつくられます。そしてその樹が成長するためには、水が必要です。では水とはどこから来たのかというと、雲からきたのです。

今の私たちは、白い紙を見てもそこに雲を見ることはできないのではないかと思います。ものはものでしかなく、それがどうやってできたか、そこにはどんな魂や自然からの恵みが存在するのかということを考えなくなってしまったのです。

またこの白い紙のお話は、本来の歴史や本来の女神の姿を見ることにも繋がります。目でみても、いくら文献を読んでも、そこに書かれている事柄をそのまま観ることしかできない、本当は、紙の上に雲を見るように、その先を辿っていった先にあることを見なければその向こうにあるものを浮かびあがらせることができないということを伝えているのではないかと思うのです。

伊予の国、最初の霊場は、そんな観ることができなくなった心の目を見えるようにしてくれる場所として存在するのかもしれないと私には思えるのです。

これから始まる伊予の国の霊場の第一歩が、
観自在とされることがそれを物語っているように私には感じます。

「 観自在菩薩 行深般若 波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄
かんじざいぼさつ ぎょうじんはんにゃはらみたじ しょうけんごうおんかいくう どいっさいくやく」

般若心経の最初の部分です。
「観自在」まずは、心の目を開いて心の奥そこへ向かって行きましょう。
自分の心の中へ入っていく始まりの地、

「観自在寺」

e0165472_244845.jpg



隠された歴史、消された神々のことを、一人でも多くの人に知っていただくために
もし、よかったら、(バナー)をポチっとお願いします^^

一緒に、瀬織津姫を復活させましょう♪ 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

愛姫伝 スマートフォンサイト 
QRコード
e0165472_239596.png


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2013-02-24 02:44 | 四国八十八カ所 | Trackback | Comments(0)

菩提の道場 愛媛の旅


こんばんは。
まだまだ寒い日が続きますが、皆様風邪などひいてないでしょうか。

フェイスブックを見れない方が多いようなので、
同じ内容になりますが、
しばらく忙しくて両方をアップすることが難しいので
こちらにも書きたいと思います。

フェイスブックの方では、
しばらくこのブログでもお話しました大国主命と少彦名命のお話をしていました。

そして
今日からは、お寺のお話をしたいと思っています。
重複になるところもあるかもしれませんが、
もう一度、順に愛媛の四国八十八か所をここでも巡ってみたいと思います。

四国のお寺と言えば、真っ先に思い浮かぶのが、やっぱり四国八十八か所。
最初の頃は神社しか行っていなかった私が、お寺に行くようになったのも、四国八十八か所のお寺がきっかけでした。
それは、そこに弘法大師空海の跡があったらかでもあります。

神仏習合

神さまと仏さまは裏と表の存在で、本来はどちらも一つ。
神も仏も信仰していた弘法大師空海。
そして、愛媛の歴史を語るには、この平安時代に生きた、弘法大師空海をおいて語ることはできません。
また歴史の意味を知るためにも、四国八十八か所の意味を知らければいけないと強く感じています。

私たちの住む日本は、神さまから仏の国へ以降していきました。
「大日如来の本国。」
 この意味が、「日本」と呼ばれる原点とも言われるほど、仏もまた日本にとってなくてはならないもので、その風習を今も受け継いでいます。

今日からしばらくの間は、愛媛の四国八十八か所を順に、お話しながら仏の世界をほんの少しご案内させて頂きたいと思います。

まず今日は、
四国八十八か所について簡単にお話したいと思います。

774年に香川県善通寺市で生まれた弘法大師空海。
幼名は「佐伯 眞魚(さえき の まお」
眞實(しんじつ)の魚と書いて、まおと言います。
そんな弘法大師空海は、793年、19歳の時に大学をやめ、山の中に修行に入ったと言われ、そんな修行の途中、高知県室戸岬を訪れ、御厨人窟(みくろど)と言う大きな洞窟の中から、
空海が目にしていたのは空と海だけであったため、空海と名乗ったと伝わっています。

そんな空海が、815年に開創されたと伝えられているのが、
この四国八十八か所です。
四国八十八か所は、四つの道場に分かれていて、
阿波国の霊場は「発心の道場」、
土佐国の霊場は「修行の道場」、
伊予国の霊場は「菩提の道場」、
讃岐国の霊場は「涅槃の道場」

と呼ばれています。

愛媛(伊予の国)は、菩提(ぼだい)の道場。

菩提(ぼだい)とは、サンスクリット語でボーディのことで、
悟りを開くための、仏の智慧(ちえ)のことで、
煩悩を取り去り、もののあり方を正しく見ると言ういみでもあり、また密教では、「菩提とは実の如く自心を知ること」とされ、それを「如実知自心」と言います。
自分自身を限りなく見つめ続け、自分の心とは生きとし生けるものすべてが本来持っている菩提心ゆえに、
その自心を真実の方法に従って観察すれば、仏果(仏の悟り)の心に気づくことができる。

すなわち、菩提、仏の心=仏は自分の中にある。

全ての生命、生きるものは宇宙(神)の一部であり、だからその心、仏もまた自分の中にあるということ。

更にその奥を言えば、
もののあり方を正しく見、自心の心の中を真実の方法にしたがって見つめ続ければ、
本来の真実の姿も見えてくるということに繋がるのではないかとも私は思っています。

愛媛が 「菩提の道場」とされることは、
偶然なのか、必然なのか、本来のものの在り方を正しくみる場所であり、自分の心の奥底にある本来の仏の心(姿)を見る場所でもあり、知る場所でもあり、それは、更に奥底まで見続ければ、悟り=真実の仏また神の姿があるということにもなります。

また愛媛を旅することは、自分自身を見つめ、生きる意味、命の意味、生まれた意味、そして、最後は、宇宙の根源である命の源へとたどりつく場所ではないかと思います。

そしてそれが、裏表の存在でもある神にもたどりつき、歴史の本当の姿へと繋がっていく。

2014年、来年開創1200年を迎える四国八十八か所。
この節目は、今大きな変革期にきている世の中を仏の心でもある自分の心の目でもう一度見つめ、自分自身の中の命という意味と向き合ういい機会かもしれないと、そんな機会を空海が与えてくれたのではないかとも思える今日このごろ。

「お遍路」が始まった原点ともされる、衛門三郎が、自分自心の心と向き合うために、真実に気づき全てを詫びるために弘法大師空海の後を追いかけたように、私たちも真実の心、真実の神へと近づくために、
ほんの少しここで四国八十八か所を辿ってみたいと思います。




隠された歴史、消された神々のことを、一人でも多くの人に知っていただくために
もし、よかったら、(バナー)をポチっとお願いします^^

一緒に、瀬織津姫を復活させましょう♪ 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

愛姫伝 スマートフォンサイト 
QRコード
e0165472_239596.png


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2013-02-23 01:57 | 四国八十八カ所 | Trackback | Comments(0)

数あるブログの中からお越しいただきましてありがとうございます。 不思議な数々の出会いから、今は、愛媛の神社めぐりをしながら、神社や女神様そして、神話の神々の伝説を調べています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28