織姫と彦星のように、、、 「白鳥神社」 (ハクと千尋の愛)

こんばんは。

今日は、先日の続き、今治市玉川町に鎮座する神社をご紹介します。

今日ご紹介する神社は、 前回ご紹介した、熊野新宮神社のすぐ向かいの小高い丘の上に鎮座します。
その名は、 「白鳥神社」

白鳥神社と聞いて、すぐ思い浮かぶのは、 「ヤマトタケルノミコト」 だと思います。
ヤマトタケルは、 以前、 熱田神宮のお話の時に、少しふれましたが、 
伊吹山で、 神の怒りに触れ、 その傷が元で命を落としてしまいます。

ヤマトタケルは亡くなった後、白鳥となり、大和を目指して飛んでいき、その後には、羽衣だけが残っていました。 全国には、 白鳥となって舞い降りた ヤマトタケルの由来の場所が数多く存在します。
そのことから、 白鳥神社では、 ここ、玉川町の神社もふくめ、 祭神は 「ヤマトタケル」 が祀られています。

しかし、 私は、 白鳥神社は、本当は別の神を祀っていたところではないかと思っています。

まだ、 はっきりと頭の中で、 決定的なものはないのですが、 ここ玉川町の白鳥神社は、 ヤマトタケルではなく、本当は、ニギハヤヒを祀っていたのでなないかと思っています。

熊野新宮神社は、 前回お話したように、 元は瀬織津姫が祀られていたと考えています。
そして、 目の前で向かいあうように、鎮座する、白鳥神社は、まるで、七夕の織姫と彦星のように祀られているのです。

もう、ご存知の方も多いと思いますが、 七夕の織姫は、瀬織津姫、 彦星は、ニギハヤヒだと言われています。
そして、この七夕のお話の原型となったものが、
羽衣伝説です。

羽衣によって天から降りてきた天女と、その天女に恋する男のお話。
天女は、古代、しばしば白鳥と同一視されてきました。
そして、白鳥にまつわるお話は、日本だけでなく、世界各地にあります。

そして、この天女が、七夕伝説へと繋がるのです。
そして、織姫と彦星が一年に一度出会う 天の川には、 まるで、天の川に大きく翼を広げているかのような、白鳥座があります。

中国の神話では、織姫と彦星を結びつける 「カササギ」という鳥が渡る 橋が白鳥座とされます。

福岡県の 「媛社神社」 は別名 「七夕神社」といわれ、
媛社(ひめこそ)神と織女神 が祀られています。

そして、媛社神は別名が饒速日命とされます。
著書 谷川健一『白鳥伝説』によれば、石鳥居の額には磐船神社と棚機神社の名が併記されているそうです。
磐船神社とは、 その名の通り、ニギハヤヒのこと。
そして、棚機神社は、谷川健一さんは、饒速日命の母である栲幡千々姫命であろうとしていますが、
これは、瀬織津姫のことだと思います。

福岡県宗像市、福岡県沖に、ある沖ノ島の向かいの島、大島には、天ノ川伝説で語られる、宗像大社が鎮座します。
この宗像神社は、辺津宮・中津宮・沖津宮、この三つの宮を合わせて、宗像神社といいますが、
その中の中津宮境内には、天の川と呼ばれる川が流れています。
そして、その天の川を挟んで、中津宮に向かって、左の丘の上に、織姫を祀る神社、織姫神社。そして、右の丘の上には、牽牛を祀る神社、牽牛神社が祀られています。

この織姫神社が、瀬織津姫で、牽牛神社が、ニギハヤヒなのです。
この天ノ川に流れ込む水のことを、「天真名井」 (あめのまない)と呼び、今も、湧き水が、コンコンと、湧き出しているそうです。
伊勢神宮の外宮に、上御井神社、下御井神社が鎮座しますが、これを別名、真名井、天の忍穂井といい、
瀬織津姫が天忍穂耳命をご出産された場所だとも言われています。

少し、話が難しくなってきましたが、 天の川、七夕、天女、そして、 白鳥。 これらはすべて、 瀬織津姫とニギハヤヒに繋がるものばかりなのです。 そして、 さらには、 ニギハヤヒを祖神とする、物部氏(越智家) に繋がります。

ここ玉川町、鴨部と呼ばれる地区は、 物部氏(越智家)の古代の地。
その場所に、 向かいあって祀る神さまは、 瀬織津姫とニギハヤヒだと確信しています。

白鳥神社は、今はとても小さな神社ですが、 その神域は、とても神聖で、且つ、とても強い何かを感じました。
鎮守の杜に降り注ぐ太陽は、ニギハヤヒの光ともいえる気がしました。

*白鳥神社
*今治市玉川町小鴨部白鳥甲390番地
*祭神:日本武命(やまとたけるのみこと)
*由緒
 創祀は未詳であるが、文学博士原秀四郎氏著「越智郡郷土誌材」によれば(日本武命の御領分も本郡内に在りしが如し)(越智郡の小鴨部も白鳥祠あり、是れ景行天皇の御覚召しにて祭り給いしもの今日に在せるものならんか)と、所載されているが、当社のことと思われる。


e0165472_22475419.jpg


e0165472_2248834.jpg


e0165472_2248235.jpg


e0165472_22492591.jpg


丁度、夕日が拝殿の向こうに沈むところで、拝殿に太陽の光がさし、光輝いていました。

e0165472_22513190.jpg


e0165472_22514313.jpg


ニギハヤヒと瀬織津姫の姿は、ともに、龍だと言われます。

そして、その姿は、私は、真っ白い龍、 白龍だと。

宮崎駿さんの映画の、 千と千尋の神隠しの、 「油屋」は、 愛媛の道後温泉がモデルになっていると言われますが、 この油屋は、 八百万の神々が集う場所です。

まるで、 日本の神々を復活させるかのような、 この映画の、 主人公、 千尋と、ハク。

人間の千尋と、 神である、 ハク(龍) のお話です。

そして、この映画の中でも、 名前の一部が、消され、 神の世界にいるとその名前を忘れてしまう。
ハクも、自分の名前を忘れてしまっていました。

その名前を思い出したのは、 千尋でした。

ハクのほんとうの名前は、 「ニギハヤミコハクヌシ」(饒速水琥珀主)だったのです。
そして、ニギハヤミコハクヌシとは、 ニギハヤヒのことなのです。

宮崎駿さんは、 ニギハヤヒがどんな神さまで、 その名前をアマテラスに変えられてしまっていたことを知っていたのでしょうか。 そして、 どんな意味で、 この映画に、 ニギハヤヒ登場させたのでしょうか。

真っ白い龍、 コハク川という小さな川を司っていた、ハク。
その川で、小さいころおぼれかけていた千尋を助け、 神の世界で再開する。

そして、二人のお互いを想う気持ちを、 千尋を自分の孫といい、この世界へと導いてくれた、釜爺(かまじい)は、 「愛」 だと 言いました。

宮崎駿さんが、どんな想いでこの映画を作ったのかは、私にはわかりませんが、
私には、 このハクと千尋が、 ニギハヤヒと、 瀬織津姫の魂を受け継いで人間の姿になって甦った瀬織津姫のように思えます。

それは、まるで、 三輪山に伝わる伝説。
神であるニギハヤヒの元に、 嫁いだ、 モモソヒメのように。。。。。。

モモソヒメは、 小さいころ、香川県で過ごしていましたが、 ある時、父である、孝霊天皇に呼び戻されます。
そして、 人間のモモソヒメは、 三輪山の神である、 ニギハヤヒと結婚をしました。
それは、 モモソヒメこそ、瀬織津姫の生まれ代わり、 瀬織津姫の魂をもつ姫だということだったのではないでしょうか。
そして、 瀬織津姫の魂をもつ、 モモソヒメの父もまた、瀬織津姫の父となった。

だから、 物部氏、越智家は、 ニギハヤヒを祖神とし、 さらには、 孝霊天皇を、三島明神(瀬織津姫)の化身と言ったのだと。。。。。。

三輪山から三重熊野方面へ車を走らせと、上北山村というところがあります。
三輪山(ニギハヤヒ) と 熊野 (瀬織津姫)へ繋がる その山の中、
そこには、熊野川水系、上北山最大水量の

「千尋の滝」 があります。

これは、偶然かもしれませんが、 千尋の名もまた、 姫に繋がってくるような気がしています。

もしかしたら、 この時から、 少しづつ、 ニギハヤヒと瀬織津姫は、この世にもう一度復活していたのかもしれません。

ニギハヤヒと瀬織津姫が、もう一度この世に出てくるためには、
千尋のような存在が必要ななのかもしれないとも。。。。。。。。

この時代に、もう一度、 出会うことができれば・・・・

そして、私たちもまた、 真の愛に出会い、 愛の意味を思い出せば、この世界は変わることができるかもしれない。。。。。
  


そして、この歌も。。。。。






神々の伝説を伝えるために、そして、
その中から自らの生き方を見つけるために、
ブログランキングに参加しています。

幸せの輪を一緒に広げませんか。幸せの入り口(バナー)をポチっとお願いします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2011-09-27 23:53 | 愛媛県今治市(旧玉川)

数あるブログの中からお越しいただきましてありがとうございます。 不思議な数々の出会いから、今は、愛媛の神社めぐりをしながら、神社や女神様そして、神話の神々の伝説を調べています。


by 愛姫
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30