久万高原町 姫の神域 「餓鬼ケ森」「総河内神社 」「遅越の滝」

こんばんは。
今日から三連休、いかがお過ごしですか?

私は、今日は本当に久しぶりに土曜日に子供の用事がないので、橋を渡り、大三島へと行ってきました。
今回は、大三島をぐるりと一周。
大三島の北から南へと、 車を走らせまだ行けていなかった場所へと行ってきました。

とても素敵な旅となりました。

少し先になりますが、大三島のお話もどうぞお楽しみに♪

さて、今日は、久万高原町です。
久万高原町は、4つの町が合併してできた町ですが、今回訪れたのは、その中の久万町にあたります。

久万高原町もまだまだ足を踏み入れたことがない場所がたくさんあります。

今日ご紹介する場所は、以前紹介した 住吉神社の交差点を左へ曲がり、県道209号線へ。
田畑が広がる美しい景色を眺めながら、 県道をひたすらまっすぐ行くと、
このあたりの氏神さま、総河内神社があります。

愛媛は 「河内(こうち)」とつく地名や、神社に瀬織津姫さまが祀られていることが多いので、ここもその一つではないかと思います。

この神社の近くには、 ちょっと変わった名前の山があります。

山の名前は 「餓鬼ケ森(がきがもり)」 

字の中に 「鬼」 という字が入っていますが、その名の通り、この山には、鬼が住んでいたという伝説があります。 
でも、 この 「鬼」 とつく山は、 瀬織津姫さまと関係のある場所が多い。
さらには、 山の名前の最後に 「森」 とつく山は、 神の住む山という意味でもあるそうです。

四国には、 「〇〇の森」 とつく名前が、どういうわけが大変多く、 四国以外では、山の名前に 「森」がつくことはほとんどないそうです。

「餓鬼ケ森」には、鬼が住んでいると伝わるとお話しましたが、 この山の上には、 
「白山権現」 が祀られています。 白山権現といえば、瀬織津姫です。
鬼が住むと言われる、 この山は、 やっぱり思ったとおり、瀬織津姫とニギハヤヒの山でした。

その山の下に鎮座する、 総河内神社は、昔この村にあった神社が全てが合祀されて一つの神社になっている神社です。
そして、現在鎮座している場所は、「定徳寺」 というお寺の守護神 「金比羅大権現」 が祀られていた場所だということです。
定徳寺はもうここにはないため、 どんなお寺だったのかまだわかっていませんが、金毘羅大権現が守護神ということは、 大国主(ニギハヤヒ)と関係の深い お寺だったことは想像できます。

現在の祭神は、天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)となっていますが、
少なくとも、 ニギハヤヒがいることは間違いありません。 そして、瀬織津姫もきっといらっしゃると思います。

*総河内神社
*上浮穴郡久万高原町上畑野川甲1684番地
*祭神;天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)
*由緒
 明治5年定徳寺の守護神である金比羅大権現を廃し、その社殿に村内の全ての神社を合わせ祭った。
 江戸時代には俳諧が盛んで当時の作品が奉額に残っている。また、拝殿前の桧の大木は町指定天然記念物その他にもモミ、マキなどの大木が残っている。

上記の由緒から神仏分離が行われた時に、 神社が合祀されたようです。

神社は、木が生い茂る森の中にあります。
e0165472_22411890.jpg


e0165472_22413421.jpg


とても静かな神域の中にたつ 拝殿
e0165472_22434491.jpg

e0165472_22435831.jpg


本殿
e0165472_22445017.jpg


e0165472_2246359.jpg


総河内神社の名前の横に、金毘羅社の名前もありました。
e0165472_22473710.jpg


そして、神社から更に北へ、山の上へと入っていくと、姫の姿ともいえる、滝があります。

「遅越の滝」

聞いたこともない滝の名前でしたが、なんだか気になり、行ってみることに。
車をとめ、そこから10分ほど歩いた所に、滝はありました。

そんなに大きな滝ではありません。
でも、 とても優しい、何かに包まれているかのような所でした。

車をとめてから、 そんなに歩くこともなくいくことができるので、 女性でも大丈夫。

有名な滝ではありませんが、一度、足を運んでいただきたい滝の一つです。
e0165472_22555840.jpg


道も綺麗に舗装されていて、とっても歩き安い、
e0165472_22561565.jpg


e0165472_225823100.jpg


いよいよ滝です
e0165472_2301748.jpg


まるで木の鳥居です
e0165472_2314141.jpg


e0165472_2374713.jpg


そして、滝の帰り道 あの餓鬼ケ森の頂上に太陽が沈んでいる所に出会いました。
そして、何も考えず車を止めた場所は、小さな橋の上でした。

橋の名前がなんと!
「樋之元橋」 これは ひのもと橋と呼ぶそうです。
e0165472_23274226.jpg


「樋之元」 これは、まるでニギハヤヒのことですね。
e0165472_23302624.jpg


今日も最後までありがとうございました。
明日も、素敵な一日になりますように☆




神々の伝説を伝えるために、そして、
その中から自らの生き方を見つけるために、
ブログランキングに参加しています。

幸せの輪を一緒に広げませんか。幸せの入り口(バナー)をポチっとお願いします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2011-10-08 23:32 | 愛媛県久万高原町

数あるブログの中からお越しいただきましてありがとうございます。 不思議な数々の出会いから、今は、愛媛の神社めぐりをしながら、神社や女神様そして、神話の神々の伝説を調べています。


by 愛姫
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31