口伝の秘密の姫 「内子町 炷森三島神社」 (もうひとつの磐長姫のお話 )

こんばんは。

今日、春のような陽気でした。
空はかすんでいるし、何だか秋というより春。

日本のあちこちで、ソメイヨシノが花を咲かせているそうです。
桜も、季節を間違っているのでしょうか。。。。

そういえば、 瀬織津姫は桜の女神でもありますね。。。。

さて、今日は、内子町の神社をご紹介します。

内子町の道の駅、「からり」から、国道379号線を東へ、小田、久万高原町の方へと向かい
15分くらい走ったところに神社はあります。

川を渡り、三島神社の近くまで行くと、小さな看板がありました。

e0165472_21125272.jpg


「一丁目ポケットパーク」 
なんだろう? と思って読んでみると、ここは、三島神社の御旅所だった所のよう。
今は、小さな休憩所のようになっていました。

そこには、小さな仏さまが。。。
e0165472_21151867.jpg


その上には、小さな祠もありました。
e0165472_2116274.jpg

e0165472_2116387.jpg


祠の説明はありませんでしたが、三島神社の御旅所ということなので、何か関係があるのかもしれません。
川を渡り、三島神社へ。
e0165472_21182416.jpg


今日ご紹介する神社は、私の中ではとても新しい三島神社です。
1569年 (永禄11年)曾根式部大輔藤原宣高公が、大三島より勧請したと伝わります。

1569年は、戦いがやむことがなかった戦国時代。
瀬織津姫の名前を消す作業は、古事記が完成した1300年前から、明治時代ころまで続いていたそうです。

戦国時代、織田信長が命令を下した、四国征伐、この時、豊臣秀吉により四国は多くの城だけでなく、お寺や神社も焼き討ちにあい、それまでの資料がなくなってしまいました。
もし、それらが今も残っていたら、なんて思うこともありますが、でも、これも歴史の流れ、仕方のないことだったのでしょう。

ここ、内子町成留屋は、合併前は 「大瀬」と呼ばれていました。
そして、この先には今度ご紹介しますが、とても美しい滝が流れています。

ここ、三島神社は、 現在の由緒では、大山積命(おほやまつみのみこと)・雷公神(いかづちこうのかみ)
高龗神(たかおかみのかみ)を祀っているとなっていますが、この他にも祀られている神様がいらっしゃいます。
それが、「姫大神」 です。
そして、 高龗神は 水徳太神也 とされ、 雷公神は火徳太神也。とされていたのです。

「水徳太神也」 とは瀬織津姫のことで、 火徳太神也とはニギハヤヒのことだと思われます。
そして、 「媛大神」 とは、 (三位一体) これら全てが、一つであり、姫大神 (瀬織津姫)だと言いたいのだと思います。

そして、ここには、もう一つ大事なことが書かれてあります。
それは。。。。。
「姫大神は、当家口伝の秘密のものなれば、他家は知らざるものなり。」 と。

ここは、大三島の大山祇神社を勧請したことになっていますが、 その本当の姿は、 
真の三島明神 = ニギハヤヒと瀬織津姫 だったのです。

「口伝の秘密」 
表向きには、決して姫の名前を明かすことはなかったのでしょう。でも、後世にその名を残し続けてきたことを、こうして文章にして残してくれたことは、とてもありがたいことです。

三島明神の本当の意味は、ここに書かれてある姿だったのかもしれません。
大山積命 ・  高龗神は水徳太神(瀬織津姫) ・ 雷公神は火徳太神(ニギハヤヒ) 

*炷森三島神社
*喜多郡内子町成留屋
*祭神
 大山積命(おほやまつみのみこと)
 雷公神(いかづちこうのかみ)
 高龗神(たかおかみのかみ)
*由緒
 永禄11年9月13日曾根式部大輔藤原宣高公が、大三島より勧請奉斎のことは「御系図」「国内神名帳」に明記されている。又、「曾根城史」によれば、宣高公は深く霊験を感じて領地を寄進し社殿を建立、産土神と崇めたと所載されている。

e0165472_21451313.jpg

e0165472_21452879.jpg

e0165472_21471817.jpg

e0165472_21473567.jpg

e0165472_21503585.jpg


拝殿
こちらの神社の拝殿、本殿は、素晴らしい造りでした。
e0165472_21563853.jpg

e0165472_21565191.jpg



e0165472_21574152.jpg


本殿
e0165472_21583260.jpg

e0165472_21591325.jpg


e0165472_221952.jpg


口伝による秘密の姫が鎮座する神社。 三島の真の神は、瀬織津姫。

e0165472_114865.jpg



古事記の中で伝わる 磐長姫は、 コノハナサクヤ姫と共に、大山積神に、瓊瓊杵尊の元へ差し出されたことになっています。 そして、 コノハナサクヤ姫を、選んだと。。。。。

大山祇神社にだけ伝わる もう一つの磐長姫の生い立ちをご存知ですか?

 「大山積神には、ふたりの姫君がありました。
長女は磐長姫、次女はこのはなさくやひめといいました。

ある時、磐長姫は、天孫ニニギノ尊の子を身篭ります。
それなのに、ニニギの尊は、美しいコノハナサクヤ姫を妻に迎えたのです。

磐長姫は、無念を感じて身をひき、宮の外に産殿を建てて移り住んだといいます。
それが、現在の大山祇神社の摂社、 宮浦港の近く、 「御串山の麓にある、阿奈波神社」です。」 

大山祇神社だけに伝わる、 磐長姫のお話は、 子供を先に身篭ったのは、コノハナサクヤ姫ではなく、磐長姫でした。
そこに、どんな意味があるのか、今はわかりません。

でも、 そこにもしかしたら 重要な秘密があるのかもしれませんね。。。。。。

今日も、ありがとうございました。
明日から、 またお仕事のスタート! 楽しく頑張りましょう♪

お休みなさい☆




神々の伝説を伝えるために、そして、
その中から自らの生き方を見つけるために、
ブログランキングに参加しています。

幸せの輪を一緒に広げませんか。幸せの入り口(バナー)をポチっとお願いします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2011-10-11 01:24 | 愛媛県内子町

数あるブログの中からお越しいただきましてありがとうございます。 不思議な数々の出会いから、今は、愛媛の神社めぐりをしながら、神社や女神様そして、神話の神々の伝説を調べています。


by 愛姫
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31