床の間と姫 (生きて伝えたものたち)

こんばんは。

今日は、少し遅くなってしまいました。。。
明日は、朝が早いので、少しだけお話をさせて頂きたいと思います。

「床の間」

日本では、昔から、家の一番くらいの高い位置、特別の場所とされています。

この床の間には、 姫と繋がる秘密があります。

床の間には、昔から、「花」が飾られます。 

「花をいける」ことを 華道といいますが、華道の起源は古代からのアニミズムの流れからきていると言われます。
「アニミズム」とは、全てのものには、魂、霊魂が宿るという考えかたです。
また神道の始まり、古神道では、神籬(ひもろぎ)という、神様を迎えるための依り代をおき、迎える儀式がありました。

華道とは、この依り代の意味と同じように、花の精霊を迎える儀式だったといいます。
そして、その花の聖霊を迎える場所が、 「床の間」 だったのです。

「花の聖霊」 と言えば、 桜の女神である、「コノハナサクヤ姫」 です。
そして、花は、昔、竹の節に封じて床の間に迎えられました。 これは、 竹の中から生まれた 「かぐや姫」のお話とそっくりです。

コノハナサクヤ姫とかぐや姫は、 同一とも言われていますが、 ここにも、共通点が。。。

床の間という特別な場所に、 花の聖霊 「コノハナサクヤ姫」 を迎える。
それが、床の間の、古来の意味だったのかもしれません。

床の間には、人間である、私たちは、決して座ることはありません。
それが、たとえ、家の一番偉い主人でさえ。。。

「床の間」 そこは、 土着の神 (女神) コノハナサクヤ姫ととびきりの貴賓を同座させる場所だった。
そこは、聖婚の 「床」だったのか、 それとも、 別の意味をもっていたのか。。。。 

「コノハナサクヤ姫」 とは、 瀬織津姫のこと。
瀬織津姫と一緒に、同座させるとびきりの貴賓とは、いったいどの神様だったのでしょう。

もしかしたら、ここにも二つの意味があるのかもしれません。

一つは、 瀬織津姫とニギハヤヒを同座させる場所。
そして、もう一つは、 姫のところに、新しい特別な神、「大山積神」 を迎え、聖婚(一つ)にさせた 「床」

「消す 追い出す」のではなく、 姫の魂を想う人々が、姫の存在を消すことなく、現状を受け入れるために行った儀式だったのかもしれません。

人々の信仰していた土着の女神を変えなくてはいけなかった心の痛みを、 「花の聖婚」 という形で、受け入れるしかなかった。 

これは、あくまで私の想像です。
でも、 もし、私が同じ立場なら、 そうすることで、自らの心を鎮めようとしたかもしれないと。。。。。。

憎しみと怒りで戦うものもいたでしょう。
最後まで従わず、命を落としたものもいたことでしょう。

でも、生きて、姫の魂を未来へと受け継ぐために、時代の流れを受け入れ未来へと繋げたものもいたことでしょう。

私は、思いました。

こうして、生きて姫の魂を未来へとつないでくれた人がいてくれたおかげで、 もしかしたら、 今も、全国各地に、 かすかな伝承が受け継がれているのだと。。。。

昨日の 「見ざる 聞かざる 言わざる」 も、 使い方次第でそれは、逆に何かを隠していることを伝える道具にもなる。

円空が、自らを 「見ざる 聞かざる 言わざる」 の姿としたとしたら、それは、 
そうならなければいけなかった人々の姿(円空自らも含め)を、 自らの姿として、後世に残したともいえる。

円空もまた、 戦い命をなくすことはせず、 自らの命のある限り、生きて伝える道を選んだのだと。。。。。
いつか、時代が変わり 姫の名前を世に出すことができる日を信じて。。。。。。。






神々の伝説を伝えるために、そして、
その中から自らの生き方を見つけるために、
ブログランキングに参加しています。

幸せの輪を一緒に広げませんか。幸せの入り口(バナー)をポチっとお願いします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
トラックバックURL : https://makild.exblog.jp/tb/15919973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ziiz at 2011-10-15 21:20 x
こんばんは

人の手によって、床の間に生けられる”花”
この”花”を飾ることによって花の精霊が迎えられるのですね。
この華道のお話は、とっても興味深く読ませて頂きました。
一般には華道と茶道は、お習い事として一緒くたにしてしまいますが、
確かに華道は、お客様(人)をもてなす意味での茶道とは全く違いますね。
言われるように床の間は、眼に見えない姫様との道ができる、大切な”場”のような気がします。
「茶道は人をもてなす行為」、「華道は神様をお迎えする祭祀」、ということですか。
神様は何か”場”が無いと、見えずともそのお姿を現せられません。
ですから、床の間も含め、神社、祠、神棚等は大切で必要な”場”なんですね。
もちろん自分で制作した神様でも、また然りです。

アニミズム という言葉は難しく感じますが、日本人には古くからある普通に感覚ですね。
お花は当然のこと、川、海、山はもちろん、小石にも木っ端にも神様が宿っています。
自分も造仏していると、日々怖いくらい感じています。
Commented by ldc_nikki at 2011-10-16 23:07
ziizさん、 今、私たちがふつうに行っていることの中には、 深い意味が込められているものがまだまだ知らないだけであるのかもしれないですね。
神様は、「場」がないとそのお姿を現せられない。人間は、特別なもの、特別な形がなければ、そこに特別な意味を持つことが難しい生き物なのかもしれません。
本当は、場がなくとも、目に見えぬとも、毎日見るものの中にも、常に神様はいらっしゃるはずなのに。。。。
でも、それが人間なのだとも言えるのですね。 だからこそ、「場」である、神社や祠、神棚や床の間を、いつまでも大切に守り続けて行かなければいけないのですよね。
by ldc_nikki | 2011-10-15 01:28 | 古代の謎 | Trackback | Comments(2)

数あるブログの中からお越しいただきましてありがとうございます。 不思議な数々の出会いから、今は、愛媛の神社めぐりをしながら、神社や女神様そして、神話の神々の伝説を調べています。


by 愛姫
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31