高知県から勧請された大国主命 「新田神社」 (祠に入ることを拒んだ白山姫)

こんばんは。

朝晩は、寒くなりました。
ようやく、本格的な秋がやってきた気がします。
でも、今年は、温かいからか? 桜があちこちで咲き始めたり、今日のニュースでは、愛媛県宇和島市で、春に咲く、「すももの花」 が咲いているそうです。

不思議ですね。 気候のせいならいいのですが。。。。。。

今日からご紹介する神社は、 旧小田町。
内子町の隣の町になります。

古くは小田郷と呼ばれ、四国山地の山の奥にあります。
山は東に行くほど高く、、西は900メートル程度ながら、東部には1500メートル級の山々が連なっています。
小田町には、四国八十八ヶ所はありませんが、 歩き遍路の道が通っていて、
大洲市方面から久万高原町方面へ、歩いてお遍路さんをしている姿を時々目にすることがあります。

深い山奥の、この町にも、古くから鎮座する由緒ある神社がたくさんあります。
今日、ご紹介する神社も、その一つです。

小田町の道の駅の少し手前、小田高校の近くにありますこの神社は、二つの重要な由来があります。

新田神社は、延暦6年9月13日、大三島の大山祇神社から、大山祗命、高龗神、雷神を勧請したと伝わります。 
しかし、その後、由緒では、土佐の国新田郷から一言主神を遷祀合祀して新田五社大明神と称えたとされます。

しかし、新田神社の現在の 主祭神は、 「大国主命 (ニギハヤヒ)」 です。

これは、いったいどういうことでしょう?

先に勧請した大山積命、高龗神、雷神、は、現在も 主祭神ではありませんが、その名を残しています。

では、一言主神はと言いますと、 この新田郷から勧請されたという、一言主神が、現在、大国主命として、祀られているようなのです。

土佐とは 高知県のことですね。
では 土佐の国新田郷とは、 どこでしょう。 

新田郷とは、現在の大豊町のあたりを言います。 
大豊町というと、思い出すのが、スサノオ命が植えたとされる大杉です。
大豊町は、愛媛県の隣の町になり、 峠を越えると、新宮村、 そして四国中央市 (旧川之江、三島)になります。

四国中央市には、瀬織津姫の名前が今も多く残り、今週末行われる 「秋の大祭」で三島神社のだんじりに祀られている神様は、 「女神」 。私は、この御神体も、瀬織津姫だと思っています。

大豊町の近くにある山には、 「大国主さん」 と呼ばれる山があります。
山頂には、「大国主命」を祀っているといい、すぐ側の山 「笹ヶ峰」には、西に竜王の祠、東に天神様(スサノオ又は大国主命か)の祠がありそうです。

更には、大豊町と愛媛県との境にある、工石山には、巨大の巨石があり、この巨石には
「白山権現」 が祀られています。
隣の、白髪山との峠は、「竜王越」 と呼ばれ、 愛媛県と高知県との境目には、瀬織津姫に繋がる名前があちこちで見受けれれます。

これは、大豊町の隣、 徳島県側、今年の夏行った 大歩危小歩危のある、三好市も同じです。
龍伝説や、鬼の伝説、さらには、妖怪伝説に、 三途の川・・・・・・・。

愛媛県と高知県と徳島県、 三つの県が交わるこの山々には、数多くの姫に繋がる伝説が残っている場所なのです。
そして、今回改めて、気づいたことはその中でも、高知県は、 「大国主命」に繋がる場所が多いということです。  実は、この他にも、 高知県には、ニギハヤヒ=大国主命に繋がる場所が多く存在します。

それがどうしてなのか、今はわかりません。

でも、もしかしたら、 古事記の中で表現された、四国の四柱の神の中の、高知県は、理想の男神 
「建依別(たけよりわけ」 という名前の神でした。

理想の姫として表現された 愛媛の神 「愛比売」 と
理想の王として表現された 高知の神 「建依別」 

これは、 やはり、 瀬織津姫と大国主 または、 もしかしたら、卑弥呼へと繋がるのかもしれません。。。。

また、高知県にも、天の磐戸に似た神社が山の上にあったりと、四国の山々には、まだまだあまり知られていない重要な場所があるようです。
高知へは、なかなか行くことができませんが、 そろそろ、高知県も調べて行かなければいけないかなと思っています。 

(愛媛=高知) (徳島=香川) これが、古事記の中の四国の神の姿だと私は思っています。

どうして、愛媛と高知が夫婦神で、 徳島と香川が夫婦神なのか、その根拠ははっきりしていません。
それも、これからの大きな課題です。

でも、 「四国」 という、小さな島は、 古代の日本にとって、とても重要な場所だった。
歴史の謎、歴史の真実をはっきりさせるためには、 四国の謎をはっきりさせる必要があるのだと私は思います。

話がずいぶん、それてしまいました。

再度、新田神社のお話に戻りますが、 「新田神社」 という名前の神社は、鹿児島県にあります。
鹿児島県に鎮座する新田神社は、「邇邇杵尊」 が祀られ、 背後の山は、邇邇杵尊の御陵とも言われます。
しかし、この新田神社の由緒も、書きかえられた可能性ああり、 元は、この小田町の新田神社と同じく、
五社大明神を祀っていたという記録や、現在とは全く違う神さまを祀っていたという記録もあります。

そして、今日ご紹介する 「新田神社」もまた、 現在の祭神と、勧請された祭神が一致しません。

新田神社はもしかしたら、「ニギハヤヒを邇邇杵尊 (またはアマテラス) に変えた神社」かもしれません。

ニギハヤヒは、邇邇杵尊に国を譲りました。
そして、大山積命(瀬織津姫)もまた、 娘 「コノハナサクヤ姫」 が 邇邇杵尊と結婚することにより、国を譲ったことになる。。。。。
 
これが、古事記のからくり?。。。。

*新田神社
*喜多郡内子町寺村乙431
*主祭神:大国主命(おほくにぬしのみこと)
  配神 :大山祗命、高龗神、雷神
*由緒 : 延暦6年9月13日越智郡大三島大山積神社から大山祗命、高龗神、雷神を勧請奉斎し、その後、土佐の国新田郷から一言主神を遷祀合祀して新田五社大明神と称えた。
明治6年4月村社に列格し、新田神社と改める。
同40年7月4日神饌幣帛料共進社となる。

e0165472_22312131.jpg
 

e0165472_22313643.jpg


e0165472_22315261.jpg


拝殿
e0165472_22322682.jpg


御神木
e0165472_22324131.jpg


本殿
e0165472_2233488.jpg


境内社 (恵比寿神社)
e0165472_22335631.jpg



大豊町とスサノオ、そして 高知と大国主命に、どんな意味があるのでしょう。。。。。。。
高知県大豊町、標高1516m 工石山。
巨石に白山権現を祀る山。

昔は、この巨石の上に、9寸ばかりの銅製の神体(白山権現 瀬織津姫)が直接岩に立っていたといいます。
でも、岩の立っていたので、何度か祠にお入り頂けるよう、お願いがしたそうです。
しかし、頑として、お入り頂けず、立っておられたといいます。

どうして、姫は、祠に入ることを拒み、 そこに立ち続けたのでしょう。
岩の上に立ち、何かを見ていなければいけない何かがあったのでしょうか。。。。。




神々の伝説を伝えるために、そして、
その中から自らの生き方を見つけるために、
ブログランキングに参加しています。

幸せの輪を一緒に広げませんか。幸せの入り口(バナー)をポチっとお願いします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2011-10-18 22:41 | 愛媛県小田町

数あるブログの中からお越しいただきましてありがとうございます。 不思議な数々の出会いから、今は、愛媛の神社めぐりをしながら、神社や女神様そして、神話の神々の伝説を調べています。


by 愛姫
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30