姫の名前が連なる社 「天一神社」

こんばんは。

9月ももう終わりですね。
つい最近まで、夏のような暑さが続いていたのに、彼岸の時期を迎え、
一揆に秋へと移り始めました。

夏から秋へ。
この季節の移り変わりを、昔の人々は特別な想いで迎えていたのではと思います。

大いなる女神によって与えられた、太陽の光、恵みの雨、豊かな土壌。
そのおかげで、私たちが食べるための食物が、一斉に実りを迎えます。
豊かな恵みのおかげで、私たちはこうして生きることができることに
本当に感謝です。

それでは今日のお話、
松山市に鎮座うされる 「天一神社」です。

今治市玉川町から松山市へと向かう国道317号線沿いに
この神社はあります。
道路からも見えるこの場所に鎮座する天一神社には、
姫の名前がずらりと並びます。

天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
奈賀神(ながのかみ)
水波之女命(みずはのめのみこと)
伊邪那岐命(いざなぎのみこと)
速開都姫命(はやあきつひめのみこと)
天吉葛命(あめのよさづらのみこと)
少童命(わたつみのみこと)
比女神(ひめのかみ)


天之御中主神。
天地創造において、一番初めに現れた神。
全ての根源とも言えるこの神は、もちろん姫の本来の姿を現します。

奈賀神。
「なが」とは、「なーが」のこと。
インドの神話の中に起源があるこのナーガは、蛇の神。
仏教において、釈迦が悟りを開くときに守護したこの神の姿は
八大竜王としてもあらわされます。
釈迦が、悟りを開くために守護した神もまた、私は姫をさしているのだと思います。
釈迦も、この大いなる女神の存在にもちろん気づいていたと。。。

水波之女命
水の女神。伊邪那美神が、死ぬ直前に生んだとされるこの女神は、
瀬織津姫の代表的な、変えられた名前の女神です。

伊邪那岐命
これだけどうして、伊邪那美神でなかったのか少し疑問がありますが、
ある意味、ここに伊邪那岐命をもってきたことも、
姫の封印をあらわしているように思うのです。

速開都姫命
祓戸大神の人柱でもあるこの女神は、
姫の魂の一部でもあります。
祓戸大神は、四柱の神を合わせて一つともいいます。
岡山に、姫を祀る神社がありますが、
そこでも、姫と一緒に速開都姫命が祀られています。
祓戸大神という、人の穢れや汚れを祓うための女神として
つくられたこの女神もまた、姫の魂を色濃くもつ女神の一人です。

天吉葛命
日本書記において、伊邪那美神が死ぬ寸前に生んだとされる神の一柱。
この神もまた、岡山では瀬織津姫とともにまつられています・。
岡山県早滝比め神社では、瀬織津姫と速秋津比賣命、天吉葛命が
早瀧大明神として中世祀られていたといいます。
明治の神仏分離により、現在の祭神になったとされています。

少童命
漢字が違うと、全く違う神に見えがちですが、
これで、(わたつみのみこと)と読みます。
「わたつみのみこと」とは、豊玉彦でもあり、愛媛の大山祇神社の大山積命もまた
わたつみのかみと書かれています。
「わた」とは、海のことをいい、「み」は神霊をあらわすといいます。

比女神
八幡神社では、比売大神と言われる神が祀られます。
八幡大神でもなく、三女神でもない、比売大神。
この比売大神こそが、本来の女神の姿です。

松山市の奥道後から更に山奥へと入った、
小さな集落に鎮座される神社にも関わらず、ここは
伊予国正六位上、井河従五位下を授くと書かれています。

源寛王が祈雨をして霊験があり神領を奉献したと書かれてあるように
ここは、明治に入るまで雨乞いの祈願所でもありました。

それはここに祀られる女神が
水の女神だったことを物語っています。

まるで、多くの神々が祀られているように思えいますが、
本来は、女神だけ。
その女神の存在を隠すために、
女神の存在を持つ神々の名前をここに集めたのではないかと
思えます。

また、神社のすぐ下には、比叡山天台宗のお寺があります。

位置関係から考えると、
神供寺とも思えるこのお寺が、今も比叡山と深く繋がっていることも
姫の姿を見ずにはいられません。

*天一神社
松山市藤野町91

昔の面影が今も残る山間の町に、神社はあります。

e0165472_9103271.jpg


e0165472_91266.jpg


e0165472_913149.jpg


e0165472_9131669.jpg


e0165472_9141133.jpg


神社の下には、今も美しい川が流れています。
いつまでも、こんな風景が残っていきますよように。。。。

e0165472_917408.jpg





隠された歴史、消された神々のことを、一人でも多くの人に知っていただくために
もし、よかったら、(バナー)をポチっとお願いします^^

一緒に、瀬織津姫を復活させましょう♪ 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

愛姫伝 スマートフォンサイト 
QRコード
e0165472_239596.png


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
トラックバックURL : https://makild.exblog.jp/tb/18950164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ldc_nikki | 2012-09-29 09:18 | 愛媛県松山市 | Trackback | Comments(0)

数あるブログの中からお越しいただきましてありがとうございます。 不思議な数々の出会いから、今は、愛媛の神社めぐりをしながら、神社や女神様そして、神話の神々の伝説を調べています。


by 愛姫
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31