中秋の名月

こんばんは。

今日は中秋の名月ですね。
日本列島は台風が横断していて、大変な場所も沢山あると思いますが、
皆さんのところは大丈夫でしょうか?

被害が出ないことを祈るばかりです。。。。。

愛媛は、台風の影響もほとんどなく、
午後から雨が上がり、夜には雲も切れ始めて、
眩しいほどの満月が、夜空に輝いています。

古代の人々にとってこの時期の満月は、特別なものだったのではと
私は思っています。

年に二度やってくる 「彼岸」 は、
現在は、先祖供養の日となっていますが、本来は、神様の先祖。

本来の神が、天から降りてくる日、また、天と地が繋がる日だったのではないかと
いろいろ調べているうちに思うようになりました。

太陽が真東に昇り、真西に沈む、この時、
そこには、天と地を結ぶ光の道ができました。

また、仏教では彼岸のことを、
「煩悩を脱した悟りの境地」とします。

仏の世界と繋がる日。

それもまた、根源には、本来の神の姿があるのだと私は思います。

また彼岸は 「日願」だともいい、
月から太陽への以降の日でもあるのかなとふと思ったりもします。

だから、日本では、今もなお彼岸を特別な日としているような。。。

月の女神から、太陽の神への以降。
そして、かぐや姫は、彼岸あけの今日、中秋の名月に、月へと帰っていく。

もしかしたら、そこからかぐや姫の物語が生まれたのではないかと。。。。。

中秋の名月が、
他の満月と比べ、その輝きが増しているのも、
かぐや姫が月へと帰ったことに繋がるのではないかと、
今日の満月を見ながら思いました。

本来の女神を失った古代の人々は、
この中秋の名月を、どんな想いで見ていたのでしょうか。。。。。

e0165472_23524668.jpg


e0165472_2353371.jpg


e0165472_23531661.jpg


e0165472_23533077.jpg


e0165472_23534446.jpg






隠された歴史、消された神々のことを、一人でも多くの人に知っていただくために
もし、よかったら、(バナー)をポチっとお願いします^^

一緒に、瀬織津姫を復活させましょう♪ 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

愛姫伝 スマートフォンサイト 
QRコード
e0165472_239596.png


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2012-09-30 23:55 |

数あるブログの中からお越しいただきましてありがとうございます。 不思議な数々の出会いから、今は、愛媛の神社めぐりをしながら、神社や女神様そして、神話の神々の伝説を調べています。


by 愛姫
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30