愛姫伝

おはようございます。
10月ももう終わりですね。台風が過ぎ去った後、急に寒くなり、上着やひざ掛けを急いで出しました。

風邪が流行っているようです。
皆さん、お体にはどうぞお気をつけください。

数か月前、見つけた一冊の本。
1930年代に生まれた、一人のアメリカ人女性。

この本に書かれたていた、この女性の想いは、私の想いとまったく一緒でした。
そして、この女性は、キリスト教を元に世界の神話を調べていました。

神社から始めた私の行きついたところと、
キリスト教が元となって始めたこの女性が行きついた場所は、
全く同じところでした。

そしてそれは単に、神話の謎を解くということだけでなく、歴史の謎を解くということだけでもなく、
その奥にあるもっとも重要な問題に、気づいていらっしゃいました。

瀬織津姫のことを調べている人は最近だんだんと増えてきて
話題にする人も増えてきました。
しかし、この歴史が本当に意味するものはなんなのか。
何が問題で、これを知ることにどんな意味があるのか。

なかなかその根源となるものを説明しても、理解してもらいにくい。

でも、世の中に同じことをそこに見ながら、歴史のことを必死で追及している人がいたということを知り、
本当にうれしかった。

この本に出会ったおかげで、
これまで解けなかった難題が、また一つ解けました。

現在わかっている人類の文明は、約7000年前に始まった。
7000年間の膨大な歴史を読み解くためには、世界中のあらゆることを知らなければいけないということに気づき、ここ数年、日本だけでなく、世界各国の神話や風習、思考、歴史を見ながら、
そこに現れたパズルのピースを、一つ一つ繋ぎ合わせる日々。

もしこの本に出会っていなかったら、
海外の本を、どれくらい読まなければ、それぞれの神話の意味を理解することができただろうと思います。

まるで辞書のように小さな字で、書き綴られた800ページにもおよぶ本。
そこに書かれてあることは、これまで私がどうしてもわからなかったその意味が書かれてありました。

神話や伝説が、単に空想の世界でつくられた物語ではないことが、
それどころか、その奥底に秘めた姿を物語っているものだということが、はっきりと見えてきました。

少しづつ少しづつ前に進んでいる気がします。
焦らずゆっくりと、これからも進んでいきたいと思います。

この写真は、
大洲市にある、高山ニシノミヤ巨石。
東洋一とも言われたメンヒルです。

e0165472_6451365.jpg


この巨石は、
今でも、表が仏、裏が神とされています。
1000年以上もの間、仏の力が強かった日本。
しかし、神の時代へと戻った明治時代以降、
本当の姿に戻ることはありませんでした。

それどころか、使い方をあやまったせいで、戦争へと突き進んでいきました。

間違ったままだと、世の中が修正されることはきっとないと私は思います。

最後に、
最近見つけた動画の編集ソフトで、愛姫伝をまとめてみました。
少し大げさな動画かもしれませんが、
ほんの少し、ワクワクした気持ちになれるかもしれません。








隠された歴史、消された神々のことを、一人でも多くの人に知っていただくために
もし、よかったら、(バナー)をポチっとお願いします^^

一緒に、瀬織津姫を復活させましょう♪ 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

愛姫伝 スマートフォンサイト 
QRコード
e0165472_239596.png


ブログで紹介した場所を、地図でご案内しています。。
お越しの際には是非ご参考にされてください。

愛姫伝神社・お寺・観光マップ
by ldc_nikki | 2013-10-27 06:46 | 歌・動画

数あるブログの中からお越しいただきましてありがとうございます。 不思議な数々の出会いから、今は、愛媛の神社めぐりをしながら、神社や女神様そして、神話の神々の伝説を調べています。


by 愛姫
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30