道後温泉開運巡りパート1「伊佐爾波神社」

皆さん、こんにちは。
毎日寒い日が続いてますね。

今治もとても寒いですが、ほとんと町の中は雪は降らす、いつもと変わらない風景です。

今日は先日訪れた、松山市道後温泉の話をしたいと思います。

道後温泉は日本最古の温泉とも言われ、今全国からたくさんの観光客の方が来られています。

そんな道後温泉には古くから伝わる伝説や、飛鳥時代に建立されと伝わる、お寺、弥生時代の貴重な遺跡など、その魅力は温泉だけではありません。

今日から何回かにわけて、道後温泉歩いて巡る歴史&開運スポットをご紹介します。

土日に車を無料で停めれる所が、伊佐爾波神社の近くにありますので、ここに停めると便利です。

車を停めて、まずは、伊佐爾波神社へお参りに。
e0165472_16384172.jpg

現在工事中だったので、全体の写真が撮れませんでしたが、伊佐爾波神社は全国に3例しかない、八幡造の神社です。

伊佐爾波神社は、神功皇后と仲哀天皇が一緒に来られた際の行宮跡に創建されたと言われ、元の鎮座地は、現在の湯築城跡です。

湯築城の築城の際に現在の場所に移転したと言います。

e0165472_16455878.jpg

御祭神は、
応神天皇、仲哀天皇、神功皇后、
宗像三女神

しかし、本来ここに神社ができたのは、ここが聖地だったからで、ある意味神と通じる場所と考えられていたからだと、私は考えています。

その理由の1つが
神の子と言われる、応神天皇が神功皇后のお腹に入るきっかけとなったのがここだったこと。

ここで神の御加護があり、応神天皇はお腹に宿ったと言います。

それは、ここが神に通じる場所だと考えられているからこその伝承。

他にもそう思う理由はたくさんありますが、また何かの機会にお話できたらいいなと思います。

道後温泉開運巡り、次回もお楽しみに。

愛姫


トラックバックURL : https://makild.exblog.jp/tb/26952822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ldc_nikki | 2018-02-06 15:54 | 愛媛県松山市 | Trackback | Comments(0)

数あるブログの中からお越しいただきましてありがとうございます。 不思議な数々の出会いから、今は、愛媛の神社めぐりをしながら、神社や女神様そして、神話の神々の伝説を調べています。


by 愛姫
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30